MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
お土産にも最高!元祖・ヨコハマのシウマイ物語

お土産にも最高!元祖・ヨコハマのシウマイ物語

横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。

perm_media 《画像ギャラリー》お土産にも最高!元祖・ヨコハマのシウマイ物語の画像をチェック! navigate_next

昔ながらの味とルーツを求めていざ!

シウマイ。シューマイでも焼売でもなくシウマイ、の文字を目にするとちょっとウズッとする。なんか郷愁を誘われ、無性に食べたくなるから不思議だ。

で、そのとき頭に思い浮かぶのはヨコハマのシウマイ。異国情緒溢れるかの地がそのルーツ、って話は聞いたことがあるが、詳しくは知らん。そーだ、横浜へ行こう! 昔ながらのクラシックな味を求めつつ、その物語を辿ろうやないか。折箱にギュッと詰まったお土産シウマイを想像しながら、すでにひとりにんまりするのであった。

で、最初に向かったのは、中華街の『清風楼』だ。池波正太郎が著書『むかしの味』の中で、「亡師が『むかしの味がするね』といった清風楼の焼売は、私の大好物だ」と書いてるやつだ。

開店は昭和20年の12月。店内の額に“シウマイひとすじ”とある先代・陳 治安さんのレシピは一切変えてないという。

店内は昔ながらの中華街の趣を感じさせ、落ち着いた空間。
店頭に並んで順番を待つ、変わらぬ味と雰囲気を求めて足を運ぶオールドファンも多い

早速、店内にて注文。登場したそれは、少し飴色がかって小ぶりなサイズにぎゅっと具が詰まっている。聞けば、使われているのは豚肉と貝柱と長ネギのみ、昔ながらの無添加だ

ひとつ口に運ぶと、弾力抜群の歯を跳ね返すような食感から、旨みが飛び出してくる。豚肉と干貝柱の旨みがぎっしりのリッチな味。そうこうする間も店頭購入の客は後を絶たず、こちらも20ケ2800円、忘れず土産を購入したことは言うまでもない。

『清風楼』のシウマイ(店内にて)。戦後すぐから変わらぬ味、豚肉と干貝柱の旨みがぎゅっと詰まる

お土産は12個入り1720円から

レトロに酔い 幻のシウマイも求む

さて次に訪ねたのは、山手は麦田町の『奇珍』だ。大きな赤いフードと黄色いカーテンがなんともレトロでぐっとくる。開店は大正6年。実は横浜で最も古いといわれる町中華であり、そしてやはり、昔から変わらぬレシピのシウマイがあるのだ。

毎日手作りするシウマイは肉感が満載でやさしく甘い味

店は3代目となる黄 国栄さん(73)とお姉さんの秀晃さん(85)が自ら鍋を振ってその味を守っている。幸いにもおふたりに話を聞くことができた。

「父が言っていたのは、ともかくいい材料を使えということね。それからひと口かふた口で食べられるのがちょうどいいと」

『奇珍』の味を変わらず守るおふたり。

中身は豚肉と玉ネギのみ。何より肉はいいところを指定して、脂身をほどよく足して……とこだわりあり。毎日500個くらい手作りされている。

余計な味は入れないというシウマイは、ぎゅっと程よいサイズで皮はふんわし、噛むとほんわり甘みがあるのも特徴。うんま~。思わず顔がほころぶような味。秀晃さんが「お醤油と辛子をつけると丁度いいのよ」とひと言。うんうんうん!

お土産のシウマイは出来上がるのが14時近く。
目指していく場合は確認を。
中身はシンプルなのに旨いよなあという味

すっかり満足した足で、次なる目的地へ。寡聞にして知らなかったのだが、かつて伊勢佐木町にあった『博雅亭』が日本で初めてシウマイを出した店と言われているらしい。で、その伝統を受け継ぐ『博雅のシウマイ』が今もあるというではないか!

作っているのは神大寺にある工場だ。現社長・彭 慧華さんから聞いた資料によれば、『博雅亭』が伊勢佐木町に進出したのは明治32年。そこでの店頭販売が日本における製造販売の最初という。大正11年には2代目が北海道産の乾燥貝柱と車エビを加えた海鮮シウマイを完成。横浜のシウマイといえば『博雅亭』というほど評判になったそう。

しかし、本家は後継者不在で昭和55年に閉店。親戚筋の姉妹店『博雅茶郷』が横浜タカシマヤに出店して親しまれていたが、平成21年に退店。残念ながら販売店は姿を消したのだった。

現在の『博雅のシウマイ』はその工場を受け継ぎ独立したもので、志とレシピを引き継いだ彭さんらによって、原点の手作りに戻って作られている。

『博雅』の社長、彭慧華(ポンフェファ)さん

変わらぬ特徴は、大きくごろっとした肉感。国産食材、無添加。材料を贅沢に使ったそれは、きれいな旨みで食べ応え充分だ。海鮮シウマイも復活。ハマっ子が絶賛したという元祖の味、やはり見事なり!

特製肉シウマイ ネット880円(税別)、海鮮シウマイ 同1280円、国産海老シウマイ 同1280円(いずれも6個入り)

清風楼(山下町)

美食家で知られた作家・池波正太郎が愛した店だったのは上記の通り。

昔からの味を守っているのは、シウマイだけでなく酢豚やかに玉もそうで、贅沢で旨い。シウマイの豚肉はロースや肩ロースなど各部位を合わせ、干貝柱からの旨みもしっかり。その美味しさは戦後の復興の中で、港湾関係の人づてに自然と広まり人気となったという。

シウマイは店頭販売にて営業中通しで買えるが、売り切れもあるので前もって予約をすれば確実だ。食事は予約不可なので注意。お土産は12個入り1720円から。

[住所]神奈川県横浜市中山区山下町190
[電話]045-681-2901
[営業時間]11時45分~14時半(14時LO)、17時~20時半(20時LO)、日・祝12時~19時半(19時LO)
[休日]木(祝日の場合は営業、前日か翌日が休み)※要確認
[交通]みなとみらい線元町・中華街駅3番出口から徒歩5分

奇珍(麦田町)

現店主の祖父、黄 遠光さんが広東省から来日し、大正6年に本牧に開店。戦後現在の場所に移って、家族経営で伝統の味を守っている。

やや色あせたピンクのクロスがかかったテーブルが並ぶ店内の佇まいがまたよし。何日もかけて戻された自家製メンマがのる竹ノ子そばやチャーハンも人気。

この店独特の味の特徴は、ほんわり甘みがあること。その味を求めて家族4代で通うお客さんもいる。肉と玉ネギだけという素材を突き詰めたシウマイもやさしく甘い。お土産は15個(3人前)1680円。

何日もかけて戻す前の乾燥メンマ

[住所]神奈川県横浜市中区麦田町2-44
[電話番号]045-641-4994
[営業時間]11時半~15時、17時~21時
[休日]木(祝日の場合は営業、前日か翌日が休み)※要確認
[交通]JR根岸線山手駅から徒歩10分

博雅のシウマイ(神大寺)

伊勢佐木町にかつてあったシウマイ発祥の店と言われる『博雅亭』。その流れを汲んだ横浜タカシマヤの『ヨコハマ博雅』はもうないが、その工場とレシピを引き継いで独立した。

国産もち豚の肉の美味しさを生かし、無添加で味付けはシンプル。大きなサイズで歯応えのある食感は昔ながらだ。小麦粉やエビなどの食材も国産。贅沢だけどやさしい味を引き出している。販売は工場直売とネットのみ。

平成23年(2011)に独立。博雅亭の味を受け継いでいる。横浜タカシマヤ時代の機械生産から手作りに戻し、適正な規模で誠実に作っている

[住所]神奈川県横浜市神奈川区神大寺2-36-6
[電話番号]045-620-2531
[営業時間]11時〜17時、土・祝〜16時 ※工場内直売店舗のみ、イートインなし
[休日]日
[交通]横浜市営地下鉄片倉駅から徒歩10分

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎 ※店のデータは、2020年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
世の中にはさまざまな203号室があるけれど、このビルの203号は冗談抜きですごかった。何がってカフェ風の空間から想像もできない本格中華が店主の濵田さんによって夜な夜なふるまわれているから。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
新幹線が止まるターミナル駅ながら、駅ビルにビックカメラや高島屋があるなど、実は生活に密着し、機能的な新横浜。そこで、横浜土産といえば、やっぱりコレ! なテイクアウトできる全焼売を食べ比べてみた。
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル