MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おと週的料理系YouTubeの世界「大西 祐次郎」

おと週的料理系YouTubeの世界「大西 祐次郎」

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。

perm_media 大西 祐次郎さんのご尊顔を画像でチェック! navigate_next

おっさんYouTuberの時代到来か!?

月刊誌『おとなの週末』は、創刊からもうすぐ20年を迎える。意外と知られていないが、『週刊現代』の“別冊”としてスタートした雑誌なのだ。

読者は40代〜50代が中心。そして、この雑誌を毎月セコセコ作っているライター、カメラマン、編集者も、ほとんどが同世代だ。まごうことなき中年による、中年のための雑誌、それが『おとなの週末』

さて、前置きが長くなってしまったが、YouTubeにもそんなチャンネルがあるのでぜひ紹介したい。松本市に暮らし、グルメを中心に信州の魅力を発信しているのが、おっさんサラリーマンYouTuberの大西 祐次郎さんだ!

おじさん世代をくすぐる昭和ネタ満載!

このチャンネルでは主に大西さんの仕事中のランチタイムを撮影し配信している。

『孤独のグルメ』の井之頭五郎よろしく、食事中は基本無言。心の声をテロップで表現していて、それが、おやじギャグ、ダジャレ、昭和ネタが満載! 中年でも、いや中年だからこそ楽しめる内容となっている。例えば……

懐かしネタをぶっこむ

記憶の彼方から思い出したわ! やかんの裏口受験!

これがわかる人は40代以上!?

ごめん、知らない(80年代に活躍した人気子役さんだそうです)。

最近のトレンドワードもダジャレに!!

とはいえ、テロップだけなら「見知らぬおっさんがなんか言ってる」程度のチャンネルなのだが、毎回舌を巻くのが料理の撮影技術! どれもこれも実に旨そうに撮っている。

ちなみに、いくつかの動画を本誌のゴリゴリの料理カメラマンに見せたところ、「この人、光の入り方をちゃんと計算して撮影しているよね。自然光でこのクオリティを出すのはかなり難しいはず」だそうです。

大西祐次郎、ただのおっさんじゃなかった!

普段は仕事中や車での移動ゆえ、ノンアルコールビールに徹しているが、休日にはひとり飲みする動画も撮影している。
昼から蕎麦屋で飲む、まさに『おとなの週末』!

長野県の絶品蕎麦が多数登場

そう、このチャンネルで見応え抜群なのが蕎麦屋での動画だ。

さすが蕎麦どころ、信州だけあって見た目にも美しく端正な蕎麦を出す店がたくさん紹介されている。なかでも最も行きたいと思わせてくれたのが、このチャンネルで知った、信州の隠れた名所『唐沢そば集落』

長野県山形村のご当地蕎麦「やまっちそば」

この地では長芋の千切りを乗せた「やまっちそば」というご当地蕎麦があるらしい。

食べたことないけど、わかる。長芋のシャキシャキと蕎麦のもっちりとしたコシがあいまって、コレ絶対うまいやつじゃん!

よし、次回の蕎麦特集(紙のほう)は、長野へ出張だ! もしそれを読んで長野に行ってなかったら、大人の事情(主に経費)と思ってほしい。

大西祐次郎の中年とは思えぬ、まるで部活帰りの高校生のような食べっぷりもこのチャンネルの見どころ。
深夜にうっかり見はじめてしまうと、飯テロ必至なのである。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連するキーワード
関連記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
シリーズ累計815万部超の大ヒット漫画『きのう何食べた?』(よしながふみ著、モーニングKC)のTVドラマに登場する料理レシピを収めた『公式ガイド&レシピ きのう何食べた?~シロさんの簡単レシピ~』(講談社)。その人気レシピ本の続編が刊行されました。本書では、2020年放送の正月スペシャルドラマや2021年11月3日公開の劇場版などで、弁護士・シロさん(西島秀俊)と美容師・ケンジ(内野聖陽)の恋人同士2人が暮らすアパートの食卓に並んだ料理のレシピを紹介しています。『おとなの週末Web』ではその中から2品を厳選。前後編に分けて期間限定で公開します。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル