MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おと週的料理系YouTubeの世界「大西 祐次郎」

おと週的料理系YouTubeの世界「大西 祐次郎」

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。

perm_media 大西 祐次郎さんのご尊顔を画像でチェック! navigate_next

おっさんYouTuberの時代到来か!?

月刊誌『おとなの週末』は、創刊からもうすぐ20年を迎える。意外と知られていないが、『週刊現代』の“別冊”としてスタートした雑誌なのだ。

読者は40代〜50代が中心。そして、この雑誌を毎月セコセコ作っているライター、カメラマン、編集者も、ほとんどが同世代だ。まごうことなき中年による、中年のための雑誌、それが『おとなの週末』

さて、前置きが長くなってしまったが、YouTubeにもそんなチャンネルがあるのでぜひ紹介したい。松本市に暮らし、グルメを中心に信州の魅力を発信しているのが、おっさんサラリーマンYouTuberの大西 祐次郎さんだ!

おじさん世代をくすぐる昭和ネタ満載!

このチャンネルでは主に大西さんの仕事中のランチタイムを撮影し配信している。

『孤独のグルメ』の井之頭五郎よろしく、食事中は基本無言。心の声をテロップで表現していて、それが、おやじギャグ、ダジャレ、昭和ネタが満載! 中年でも、いや中年だからこそ楽しめる内容となっている。例えば……

懐かしネタをぶっこむ

記憶の彼方から思い出したわ! やかんの裏口受験!

これがわかる人は40代以上!?

ごめん、知らない(80年代に活躍した人気子役さんだそうです)。

最近のトレンドワードもダジャレに!!

とはいえ、テロップだけなら「見知らぬおっさんがなんか言ってる」程度のチャンネルなのだが、毎回舌を巻くのが料理の撮影技術! どれもこれも実に旨そうに撮っている。

ちなみに、いくつかの動画を本誌のゴリゴリの料理カメラマンに見せたところ、「この人、光の入り方をちゃんと計算して撮影しているよね。自然光でこのクオリティを出すのはかなり難しいはず」だそうです。

大西祐次郎、ただのおっさんじゃなかった!

普段は仕事中や車での移動ゆえ、ノンアルコールビールに徹しているが、休日にはひとり飲みする動画も撮影している。
昼から蕎麦屋で飲む、まさに『おとなの週末』!

長野県の絶品蕎麦が多数登場

そう、このチャンネルで見応え抜群なのが蕎麦屋での動画だ。

さすが蕎麦どころ、信州だけあって見た目にも美しく端正な蕎麦を出す店がたくさん紹介されている。なかでも最も行きたいと思わせてくれたのが、このチャンネルで知った、信州の隠れた名所『唐沢そば集落』

長野県山形村のご当地蕎麦「やまっちそば」

この地では長芋の千切りを乗せた「やまっちそば」というご当地蕎麦があるらしい。

食べたことないけど、わかる。長芋のシャキシャキと蕎麦のもっちりとしたコシがあいまって、コレ絶対うまいやつじゃん!

よし、次回の蕎麦特集(紙のほう)は、長野へ出張だ! もしそれを読んで長野に行ってなかったら、大人の事情(主に経費)と思ってほしい。

大西祐次郎の中年とは思えぬ、まるで部活帰りの高校生のような食べっぷりもこのチャンネルの見どころ。
深夜にうっかり見はじめてしまうと、飯テロ必至なのである。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連するキーワード
関連記事
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
地価が高いため隙きあらば平らにされる東京ですが、たまに見かけるもっこりとふくらんだ土地。近づいてよく見てみると、実は古墳だったり富士塚だったりするのです。そんな街中のふくらみを訪ね歩き、その個性的な見た目を楽しむ〈もっこり散歩〉の達人が、いま密かにブームの「古墳」をご紹介します。
とっておきの入浴剤があれば自宅のお風呂がいつでも人気温泉の極楽湯に早変わり! 別府、草津、蔵王に登別……。本誌ライターが実際に試した結果、厳選の入浴剤をご紹介します。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル