MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大地を守るデリ(弁当/東京駅)|ジューシーな豚の脂と甘辛タレが食欲を刺激する

大地を守るデリ(弁当/東京駅)|ジューシーな豚の脂と甘辛タレが食欲を刺激する

繊細な肉質と甘みのある脂が評判の佐助豚を存分に味わえる。肉の味を引き立てる特製の甘辛タレも相まって、ご飯の進むスピードが加速する。大地を守るDeli (ダイチヲマモルデリ)[交]JR東京駅改札内、丸の内南口改札から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》大地を守るデリ(弁当/東京駅)|ジューシーな豚の脂と甘辛タレが食欲を刺激するの画像をチェック! navigate_next

大地を守るデリ(最寄駅:東京駅)

繊細な肉質と甘みのある脂が評判の佐助豚を存分に味わえる。肉の味を引き立てる特製の甘辛タレも相まって、ご飯の進むスピードが加速する。

佐助豚の豚めし
990円

大地を守るデリ

[販売場所]東京駅構内エキュート東京 [販売期間]通年 [交]JR東京駅改札内、丸の内南口改札から徒歩1分

2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
1000円から3000円の範囲で、都内のデパ地下をくまなく調査&実食。これぞ! という弁当をジャンル別にご紹介します。今回は、魚介編!
1000円から3000円の範囲で、都内のデパ地下をくまなく調査&実食。これぞ! という弁当をジャンル別にご紹介します。今回は、牛肉編!
1000円から3000円の範囲で、都内のデパ地下をくまなく調査&実食。これぞ! という春にピッタリの弁当をジャンル別にご紹介します。今回は、和食編!
お弁当って、だいたいスーパーやコンビニ、街の弁当屋さんで買いますよね。それもだいたいワンコインで買えてお値打ち。その一方で高級な弁当もあるわけで。例えばそれが1万円の弁当だったら……。そこで、今回はミート矢澤の「極味弁当」を食べてみました。
安ければ300円ほどで買える安旨弁当の代表格“海苔弁”。シンプルながら満足感のある弁当だからこそ、素材や製法を突き詰めて作る海苔弁はないものか――。都内で探し求め、見つけた究極の海苔弁。価格を見て驚くかもしれません。でも、その価値は十分にあります。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル