MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
とりや(焼き鳥・鶏料理/代々木上原)力強い旨みの地鶏を使った料理はどれも旨い!

とりや(焼き鳥・鶏料理/代々木上原)力強い旨みの地鶏を使った料理はどれも旨い!

2020年6月にオープンした焼鳥店が放つのがご覧の大振りのから揚げ。ほうら、写真の断面からもジューシーさが伝わってくるでしょう? 

perm_media 《画像ギャラリー》とりや(焼き鳥・鶏料理/代々木上原)力強い旨みの地鶏を使った料理はどれも旨い!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

とりや(最寄駅:代々木上原駅)

ストレートに広がる地鶏の旨さ 香り華やぐ1杯で風味アップ!

京赤地鶏に衣を薄くまとわせ、数種類の植物油をブレンドした専用の油で揚げている。あえて下味を付けず素材の力で勝負! 地鶏の力強い旨みとコクにプレミアムモルツの華やかな香りが加わって、ひと口目よりもふた口目と、味わいがぐんぐん増していく。仕上げにパラリと振った黒胡椒のスパイシーな香りもビールの引き立て役だ。店の真髄とも言える炭火焼鳥も、完璧なる火入れで無敵の旨さ!

地鶏もも唐揚げ、生ビール
950円、650円

片栗粉の衣は薄く、素揚げ感覚であっさりいただける。味付けは仕上げに振る塩コショウのみと超シンプルで、地鶏の弾力や風味をダイレクトに堪能できる

焼き鳥 おまかせ5本、翠ジンレモンソーダ
1200円、520円

朝締めした新鮮な大山どりの身を炭火焼きで。生姜や柚子などの和素材で作った国産ジンの爽やかな香りは焼鳥とも相性抜群だ

白レバーのパテ
750円

上質な鶏レバーを使用。クセはなく、まったりとしたコクが広がる

とりやの店舗情報

[住所]東京都渋谷区西原3-23-9 [TEL]03-5453-3232 [営業時間]17時~23時(フード22時、ドリンク22時半LO) [休日]火、第3月 [席]カウンターあり、個室あり、全24席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料300円別 [交通アクセス]小田急小田原線ほか代々木上原駅東口から徒歩2分


電話番号 03-5453-3232

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2020年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
熱々を急いでほおばると、バリッ!サクッ!とメリハリの効いた音が脳内へと響く。香ばしい皮と、しっとりとした肉の対比を堪能しながら、冷たいビールをキュッといこう。
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル