MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】ワイン好きの肉バル 寓 銀座店|ガッツリ系肉料理をワインと共に(バル/銀座)

【閉店】ワイン好きの肉バル 寓 銀座店|ガッツリ系肉料理をワインと共に(バル/銀座)

バル激戦区のこの地に2015年10月にお目見えしたのがコチラ。ワイン好きの肉バル 寓 銀座店[交]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】ワイン好きの肉バル 寓 銀座店|ガッツリ系肉料理をワインと共に(バル/銀座)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】ワイン好きの肉バル 寓 銀座店(最寄駅:銀座一丁目駅)

メインのイチオシは、旨み濃厚なUSA産ビーフを直火のグリルで焼き上げたボリューム満点の肉料理だ。脇をかためるサイドメニューも充実のラインナップ。新鮮な魚介を使用した一品料理をはじめ、タパスも豊富。なかでも専用オーブンで焼き上げるピッツァは自家製生地から漂ってくる小麦の香りがたまらない。ワインの品揃えは約50種類で値段以上に満足できる、コストパフォーマンスのよいボトルを置いている。

ベイビーバックリブ
1620円

豚のあばら肉を自家製BBQソースをからませて焼き上げた。ジューシーな肉と黒胡椒を利かせたパンチあるソースの相性が抜群。ワインは8種類から好みのものをチョイス

ワイン4種飲みくらべセット
1080円

本日の鮮魚カルパッチョ
972円

活け〆した宇和島産の新鮮なタイを香草を利かせたソースでいただく

シシリアンシーフード
1620円

薄い生地でパリッとした食感もいい。具にはタコ、エビ、イカをふんだんにトッピング

※閉店※ワイン好きの肉バル 寓 銀座店

東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル地下1階 ☎03-3535-2051 [営]11時半〜14時LO、17時〜23時LO [休]日 [席]席カウンター8席、テーブル2席×8卓、4席×8卓、6席×3卓 計74席/カード可/予約可/サなし、お通し代410円 [交]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10番出口から徒歩1分

電話番号 03-3535-2051
2016年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル