MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」

本誌紹介(最新号)

  • 東京 小さな繁盛店
  • 焼鳥新時代
  • いま食べたい、チーズケーキ
ラーメン・つけ麺

ラーメン・つけ麺

ラーメン・つけ麺のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したラーメン・つけ麺のお店を紹介しております。

ラーメン・つけ麺に関連するカテゴリ

ラーメン・つけ麺のグルメ記事一覧

表示順:
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
麺を持ち上げるとズッシリ重い。讃岐うどんさながらの剛麺ながらも、その口当たりはソフト。
店主は、伝説の名店『地雷源』で修業を積み、中野の人気店『さいころ』で店長を務めた実力者。スープは、鶏と豚、魚介で取ったトリプルスープで、それぞれ旨みが最高の状態のものを合わせている。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt