MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
カフェ・喫茶店・スイーツ
そば・うどん
テイクアウト・手土産
パン・サンドイッチ
洋食・西洋料理
旅館・ホテル
レストラン(その他)
和食
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』

本誌紹介(最新号)

  • 啜る、唸る、しみじみ旨い 感動の蕎麦 超三ツ星店
  • みんな大好き、愛され系グルメ シウマイ、春巻き、ときどきワンタン
  • 冬に食べたい、タルトとパイ

「 長野県 」 の検索結果

表示順:
築250年の萱葺屋根が目印。酒蔵の母屋を古文書を頼りに復元した雰囲気のある建物では、信州産蕎麦粉を使った手打ちの蕎麦がいただけ、昼夜ともにコースがおすすめ。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
山頂駅の2階にある『志賀高原クランペットカフェ』へ。暖炉に大きなソファ、サッカーゲームまであり、イギリスの家庭に招かれたかのようだ。
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
ご紹介するのは長野県の南にそびえる横手山。山頂に個性的な2軒のレストランがあると聞いてやってきた。
広い店内にはゆったりしたソファや夕焼けが一望できるカウンター席も。雲型のマシュマロを浮かべたコーヒーや、サンセットをイメージしたスカイソーダが見た目にも美しく、料理も地元名産のネマガリダケなどを使った雲海パイ包みスープや、季節の食材を取り入れたペペロンチーノ(現在はキノコを使用)など素材にもこだわっている。
『2612Cafe』は、若いスタッフが中心となって昨年、おしゃれにオープン。スモークした信州サーモンを挟んだクロワッサンやジューシーなすずらんハウスのソーセージを使ったホットドッグなど、こちらも品質や味にはこだわり、地元の食材をふんだんに使っている。
真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。今回は観光列車「ろくもん」のおすすめポイントと、長野駅をご紹介します! 撮影/大西尚明、ツジノワタル(大阪) 取材/飯田 守(幸村)、飯田かおる(ろくもん、上田、長野)、松井さおり(小諸、田中、大屋、長野)
真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。前編では小諸駅~上田駅をご紹介します!
 かつて一大ホップの名産地だったという長野県東御市。ビール造り20年の小規模ブルワリー『オラホビール』はその小高い丘の上にある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt