MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとめ記事
ラーメン・つけ麺
そば・うどん
和食
中華料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
レストラン(その他)
おいしくて、ためになる食のニュースサイト

「 埼玉県 」 の検索結果

表示順:
みなさん、トマトはお好きですか? 西洋では「トマトが赤くなれば医者が青くなる」なんてことわざがあるくらい、味も栄養価も魅力的なお野菜。今の時期、特に美味しいトマトについて、農家さん&イタリアンのシェフと語り合いました!
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
せんべいを生地から手がける店は、今では数えるほど少なくなったが、ここは当たり前に手作りしている。およそ100年前の創業当時、こちらが生地屋から始まったと聞けばそれも納得だ。
「最近ラーメンはちょっと重くて……」そんな“おとな”世代にうれしい一杯を作るのが、オーナーの大谷さん。鶏、和風、海鮮の3種類のダシを合わせたトリプルスープは、分厚い旨みがありながらも軽やかな仕上がり。
大宮駅東口を出てすぐ、小路にまだ昔の面影が残るエリアに、本日も朝10時から提灯が灯る。創業は戦後すぐの昭和22年。
昭和7年に生地卸として創業。戦後に自社で焼くようになり、現在も生地作りから一貫生産している。米は山形産はえぬきと栃木産コシヒカリを使用。
草加市内の他に川口や銀座にも店舗を構える『山香煎餅本舗』が作った、せんべいのテーマパーク。気軽に手焼き体験ができ、自作の焼きたてを味わうことができる。
米農家が「上質な米を使って本当に旨いせんべいを作りたい」と昭和36年に創業。埼玉県産の米にこだわり、契約農家から玄米で仕入れ、生地から作っている。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。