MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとめ記事
カフェ・喫茶店・スイーツ
そば・うどん
中華料理
バル・バー
ラーメン・つけ麺
レストラン(その他)
和食
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』

本誌紹介(最新号)

  • 啜る、唸る、しみじみ旨い 感動の蕎麦 超三ツ星店
  • みんな大好き、愛され系グルメ シウマイ、春巻き、ときどきワンタン
  • 冬に食べたい、タルトとパイ

「 埼玉県 」 の検索結果

表示順:
昭和7年に生地卸として創業。戦後に自社で焼くようになり、現在も生地作りから一貫生産している。米は山形産はえぬきと栃木産コシヒカリを使用。
草加市内の他に川口や銀座にも店舗を構える『山香煎餅本舗』が作った、せんべいのテーマパーク。気軽に手焼き体験ができ、自作の焼きたてを味わうことができる。
米農家が「上質な米を使って本当に旨いせんべいを作りたい」と昭和36年に創業。埼玉県産の米にこだわり、契約農家から玄米で仕入れ、生地から作っている。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
「うちのおせんべいはクセがなくて食べやすいの」と店主の池澤さんはにっこり。シンプルな醤油に加えて、にんにく、胡椒、唐辛子などタネものが得意分野だ。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
 創業から11年目とまだ歴史は浅いものの、界隈で最も勢いのある店と言えばここだろう。“銀座の高級店に負けない味とサービスで、値段は大宮価格”が目指すところ。
メニューにはぎっしりと300種類以上の中国料理が、日本語なしで並ぶ。いつ行っても中国人で賑わっている印象だ。
チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。
「蔵の街」川越を人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩き!和食とうなぎから絶対に食べてほしい名店を4店厳選しました!池袋から30分ほどで行けるアクセスの良さも魅力です。店舗情報やMAPもあり!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt