MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
日本酒バル 地酒屋 蔵(バル/大山)|酒蔵とも親交を深め、40種以上の酒を置く

日本酒バル 地酒屋 蔵(バル/大山)|酒蔵とも親交を深め、40種以上の酒を置く

日本酒バル 地酒屋 蔵は父が酒を選び、息子が寿司を握る日本酒バル。 ※ランチタイム有

日本酒バル 地酒屋 蔵(最寄駅:大山駅)

「好きなお酒を見つけてほしいから」と50ccから提供し、肴は酒が進むものが、216円から勢ぞろい。ランチタイムの握りはあら汁付きで880円〜。

いかのいろり焼き
410円

握り寿司
1058円

[その他のメニュー]
おつまみ3点セット324円、クリームチーズ味噌324円、たこのさつま揚げ432円、そうめんジェノベーゼ518円、かに甲羅みそ1058円

日本酒バル-地酒屋『蔵』

東京都板橋区大山東町28ー10 ☎090-3212-2224 [営]月〜金12時~14時LO、月〜木15時~22時半LO、金・祝前日15時〜23時LO、土12時~23時LO、日・祝12時〜22時LO ※ランチタイム有[休]火 [交]東武東上線 大山駅から徒歩約6分、都営地下鉄三田線 板橋区役所前駅から徒歩約4分

電話番号 090-3212-2224
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7978views ラーメン特集

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt