MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
日本酒バル 地酒屋 蔵(バル/大山)|酒蔵とも親交を深め、40種以上の酒を置く

日本酒バル 地酒屋 蔵(バル/大山)|酒蔵とも親交を深め、40種以上の酒を置く

日本酒バル 地酒屋 蔵は父が酒を選び、息子が寿司を握る日本酒バル。 ※ランチタイム有

日本酒バル 地酒屋 蔵(最寄駅:大山駅)

「好きなお酒を見つけてほしいから」と50ccから提供し、肴は酒が進むものが、216円から勢ぞろい。ランチタイムの握りはあら汁付きで880円〜。

いかのいろり焼き
410円

握り寿司
1058円

[その他のメニュー]
おつまみ3点セット324円、クリームチーズ味噌324円、たこのさつま揚げ432円、そうめんジェノベーゼ518円、かに甲羅みそ1058円

日本酒バル-地酒屋『蔵』

東京都板橋区大山東町28ー10 ☎090-3212-2224 [営]月〜金12時~14時LO、月〜木15時~22時半LO、金・祝前日15時〜23時LO、土12時~23時LO、日・祝12時〜22時LO ※ランチタイム有[休]火 [交]東武東上線 大山駅から徒歩約6分、都営地下鉄三田線 板橋区役所前駅から徒歩約4分

電話番号 090-3212-2224
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
147views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt