MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
赤坂有薫|竹皮包みで手みやげにもピッタリの「柳川鰻せいろ蒸し」(郷土料理/赤坂見附)

赤坂有薫|竹皮包みで手みやげにもピッタリの「柳川鰻せいろ蒸し」(郷土料理/赤坂見附)

「赤坂有薫」は昭和60年創業の九州郷土料理をふんだんに揃えた居酒屋。玄界灘や有明海など、九州各地の漁場でその日の朝穫れたばかりの新鮮な魚介を空輸。それを刺身や焼き物など多彩な調理法で楽しませてくれる。[交]地下鉄丸ノ内線ほか赤坂見附駅から徒歩1分 ※ランチタイム有 

perm_media 《画像ギャラリー》赤坂有薫|竹皮包みで手みやげにもピッタリの「柳川鰻せいろ蒸し」(郷土料理/赤坂見附)の画像をチェック! navigate_next

赤坂有薫(最寄駅:赤坂見附駅)

焼酎のラインナップは麦、芋、米などあわせて120種類以上! 酒の〆にもピッタリなうなぎのせいろ蒸しは、餅米をブレンドしたご飯に蒲焼きをのせ、竹皮に包んで蒸し上げる独自のスタイルだ。テイクアウトも可能で手みやげとして利用する客も多い。

柳川鰻せいろ蒸し(単品)1,340円、昼は博多うどん付きセットで1,550円

ご飯にはタレとこまかく刻んだ蒲焼きをまぜこんであり、こってりとした美味しさだ。ランチタイムには博多うどんとのセットもある

むつごろう蒲焼
1匹1026円

有明海から活きたムツゴロウを空輸。写真の蒲焼きの他にも、刺身や塩焼きにもしてくれる。キメこまやかな身質で上品な味わいだ

赤坂有薫

■『赤坂有薫(アカサカユウクン)』
[住所]東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂3階 [TEL]03-3592-0393 [営業時間]11時半〜14時、17時〜22時(21時半LO)土・日・祝16時~21時半(21時LO) [休日]年末年始 [座席]カウンター9席、テーブル56席、4〜8名用個室3室 計85席/全席喫煙可/カード可/予約可/サ10%別 [アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか赤坂見附駅から徒歩1分 ※ランチタイム有 

電話番号 03-3592-0393
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
海外はもちろん、国内への旅もなかなか難しい昨今。旅へ行きたい! という気分を満たすべく、都内で楽しめる全国の郷土料理店をご紹介! ここでは、北海道、広島、沖縄の店が登場。郷土の味と酒を楽しみながら、少しでも旅気分を味わってみては?
生産者から直送の新鮮な馬刺しに、オーダーが入ってから衣を付けて揚げた熱々の辛子蓮根、歯触りしゃっきりの一文字ぐるぐるなど、熊本が誇る旨いものが一挙に集結。そんな心魅かれる郷土料理に加えて、カウンター内にある焼き場で煙を上げるのが、日本最大級の地鶏「天草大王」の串だ。
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル