MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Sugahara Pho|自慢のフォーはシンプルな味を自分好みにカスタマイズ(ベトナム料理/渋谷)

Sugahara Pho|自慢のフォーはシンプルな味を自分好みにカスタマイズ(ベトナム料理/渋谷)

「スガハラ フォー」の自慢のフォーは鶏肉と牛肉の2種類を用意。[交]京王井の頭線神泉駅から徒歩10分、JR山手線ほか渋谷駅からバスで「松見坂下」下車すぐ ※ランチタイム有

Sugahara Pho(最寄駅:神泉駅)

鶏をベースにしたクリアで優しい味わいのスープに、約3㎜幅の滑らかなライスヌードル、モヤシ、鶏ムネ肉ハムまたは牛肉のローストが入るというシンプルな構成。そこに別添えのパクチーやスイートバジル、ライム、そして6種類の調味料を加え、色々な味の変化を楽しむのがこの店の醍醐味だ。まずはニンニク漬けの米酢やニョクマムで風味をつけ、最後にスパイシーなシラチャーソースや自家製チリオイルを加えるのがおすすめ。

牛肉のフォー 
昼930円、夜1200円

牛肉のローストはオーストラリア産牛モモ肉を使用。低温でじっくり火を通すので、美しいロゼ色で柔らかな仕上がりだ。麺の下には、軽く茹でたシャキシャキした歯応えのモヤシが隠されている

鶏肉のフォー
昼930円、夜1200円

森林鶏のムネ肉で作るハムは真空調理によるしっとりした食感が魅力

えごまディライト
1個380円(夜メニュー)

エゴマの上にキュウリ、ネギトロ、イクラ、干しエビ、ライムリーフ、フライドオニオンなどをのせたフィンガーフード。昼のプリフィクスランチの前菜でも選べる。夜はアラカルトメニューに合わせ、約50種類のワインや日本酒など、豊富なラインナップのアルコールが楽しめる

Sugahara Pho

東京都目黒区大橋2-8-21 ドミシール柿澤1階 ☎03-6407-0562 [営]12時~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)、火17時半~23時(22時LO) [休]月 [席]テーブル24席 計24席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]京王井の頭線神泉駅から徒歩10分、JR山手線ほか渋谷駅からバスで「松見坂下」下車すぐ ※ランチタイム有

電話番号 03-6407-0562
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ヘルシーかつスパイシーな南インド料理を日本に定着させた立役者のひとつである同店が、さらなる挑戦に挑んでいる。南インドを中心とした伝統的なインド料理に、フレンチや和食、中東など世界各地の食の技法や食材をミックス。
国産クラフトビールとネパール料理。一見共通項のない両者によるシナジーが、ビアギークたちをも虜にしている。
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
サナギ 食堂 点心爛慢(アジア・エスニック料理/新宿)|JR新宿駅の東南口付近の高架下にオープン。店内は広め、テーブル席、座敷、こたつ席などが約200席ある。
その昔高地を勇壮に走るインカ戦士の強靭な肉体を支えたのは、アンデスの秘草マカだという。侵略者スペインが恐れて栽培を禁止したほど。※ランチタイム有
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
212views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt