MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Sugahara Pho|自慢のフォーはシンプルな味を自分好みにカスタマイズ(ベトナム料理/渋谷)

Sugahara Pho|自慢のフォーはシンプルな味を自分好みにカスタマイズ(ベトナム料理/渋谷)

「スガハラ フォー」の自慢のフォーは鶏肉と牛肉の2種類を用意。[交]京王井の頭線神泉駅から徒歩10分、JR山手線ほか渋谷駅からバスで「松見坂下」下車すぐ ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》Sugahara Pho|自慢のフォーはシンプルな味を自分好みにカスタマイズ(ベトナム料理/渋谷)の画像をチェック! navigate_next

Sugahara Pho(最寄駅:神泉駅)

鶏をベースにしたクリアで優しい味わいのスープに、約3㎜幅の滑らかなライスヌードル、モヤシ、鶏ムネ肉ハムまたは牛肉のローストが入るというシンプルな構成。そこに別添えのパクチーやスイートバジル、ライム、そして6種類の調味料を加え、色々な味の変化を楽しむのがこの店の醍醐味だ。まずはニンニク漬けの米酢やニョクマムで風味をつけ、最後にスパイシーなシラチャーソースや自家製チリオイルを加えるのがおすすめ。

牛肉のフォー 
昼930円、夜1200円

牛肉のローストはオーストラリア産牛モモ肉を使用。低温でじっくり火を通すので、美しいロゼ色で柔らかな仕上がりだ。麺の下には、軽く茹でたシャキシャキした歯応えのモヤシが隠されている

鶏肉のフォー
昼930円、夜1200円

森林鶏のムネ肉で作るハムは真空調理によるしっとりした食感が魅力

えごまディライト
1個380円(夜メニュー)

エゴマの上にキュウリ、ネギトロ、イクラ、干しエビ、ライムリーフ、フライドオニオンなどをのせたフィンガーフード。昼のプリフィクスランチの前菜でも選べる。夜はアラカルトメニューに合わせ、約50種類のワインや日本酒など、豊富なラインナップのアルコールが楽しめる

Sugahara Pho

東京都目黒区大橋2-8-21 ドミシール柿澤1階 ☎03-6407-0562 [営]12時~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)、火17時半~23時(22時LO) [休]月 [席]テーブル24席 計24席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]京王井の頭線神泉駅から徒歩10分、JR山手線ほか渋谷駅からバスで「松見坂下」下車すぐ ※ランチタイム有

電話番号 03-6407-0562
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
現地のコンテスト受賞農家などから、厳選して直接買い付ける13種の茶葉や限定茶葉が揃う。それを工夫茶スタイルで自分で淹れて味わえる台湾茶カフェだ。
台湾発のライフスタイルショップ『神農生活』は、現地で高い人気を誇るだけでなく、日本人をはじめ観光客にも人気のスポットだ。2021年4月、大阪のあべのハルカス近鉄本店タワー館10階に日本初上陸。『食習』、『Oolong Market 茶市場』とともに魅力を探った。
台湾出身のご夫婦で営む台湾料理店。お母さんが丁寧に作る料理は、なにより食べる人の健康を一番に考えているという。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル