MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ビアパブイシイ|国産クラフトビールで喉を潤す(ダイニングバー/谷中)

ビアパブイシイ|国産クラフトビールで喉を潤す(ダイニングバー/谷中)

地元の人間でにぎわう、普段使いのできるパブ。飲食店で修業を重ねた店主・石井さんが国産クラフトビールの旨さに魅せられ、よみせ通り沿いに2013年4月に開いた。[交]地下鉄千代田線千駄木駅2番出口から徒歩6分

ビアパブイシイ(最寄駅:千駄木駅)

クラフトビールは樽が空く度に新しい銘柄に替えるため、いつ行っても違うビールが飲めると好評だ。来店は少人数がオススメ。

フィッシュ&チップス(穴子)
1000円

魚は、穴子、舌平目、ホッケの3種から選べる

レッドエールHALF PINT
600円

ビールは常時4種。ハートランドのみ常設で他は入れ替わる。

ブロッコリーのペペロンチーノ
500円

甘みが強いブロッコリーとニンニクの香りが好相性。セロリとパクチーをビネグレットソースとナンプラーで和えており、香り高い。

ホワイトセロリと香菜のサラダ
600円

ビアパブイシイ

■『ビアパブイシイ』
[住所]東京都文京区千駄木3-45-8
[TEL]03-3828-7300
[営業時間]17時~翌1時(フード24時LO、ドリンク24時半LO)、日15時~22時(フード21時LO、ドリンク21時半LO)
[休日]月曜日
[備考]全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし
[アクセス]西日暮里駅から徒歩5分

電話番号 03-3828-7300
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2018年12月14日にオープンした「THE GATE HOTEL東京 by HULIC」4階のオールデイダイニング。シャンパンの泡をモチーフにしたオブジェが目を引く開放的な空間で、洗練されたサービスに身を委ねて食事できる。
「須永辰緒や沖野修也がDJをするホステルがある」。90年代の渋谷を謳歌した人なら、きっと食指が動くはず。
 8種のタップを揃えるビールは国内、海外混合。うち1タップはKOMBUCHA(発酵ドリンク)。
しっぽりとビールを飲むならココ。ドラフトは国内、ボトルは海外を中心にセレクト。
高円寺のタコス専門店「まるこセンター高円寺」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。吉祥寺の人気居酒屋『じぃま』などの4号店としてオープンしたタコス専門店。店主が大好きという沖縄のタコスの研究を重ね、たどり着いたのが現在の形。[住所]東京都杉並区高円寺南3-67-1
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かプレオープンか、オープン当日だったはずだ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt