MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
毎日食べても飽きない滋味深さが自慢の「カレー クローバー」のカレー(カレー/湯島)

毎日食べても飽きない滋味深さが自慢の「カレー クローバー」のカレー(カレー/湯島)

「カレー クローバー」は脱サラした主人と高いホスピタリティを持つ夫人の店主夫妻が営む、清潔感あふれる可愛らしい店。基本は様々な野菜をメインに取られたブイヨンに、手をかけた玉ネギと爽やかな酸味を演出するトマトが主張するカレー。[交]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》毎日食べても飽きない滋味深さが自慢の「カレー クローバー」のカレー(カレー/湯島)の画像をチェック! navigate_next

カレー Clover(最寄駅:湯島駅)

 国産食材にこだわったカレーは、油分を極力まで省いておりサラリとしていて、二日酔いの時などにも滋味が染み入る至極のひと皿だ。

 一度の仕込みに使う玉ネギは10㎏だが、じっくりと時間をかけて炒めると3.5㎏ほどになるのだそう。独自に配合したスパイスはホールのものを中心に、香りを引き出すタイミングの追求をはかっている。ご飯は200g、250g、300gから、辛さは「なし」から「大辛」までを無料で選択できるのもうれしい。ルウはたっぷりで「ミニカレー」は100円引き。

くろーばーカレー
800円

サラサラとしてスープのようなチキンカレー。玉ネギの旨みがしっかりと味わえる。店主のオススメは大辛。※カレーはすべてサラダ付き※写真は中辛

バターチキンカレー
900円

濃厚な「バターチキン」は、発酵バターの香りと豊かな味わいが魅力。レモンで味変するのも楽しい。まろやかさの中に、顔を出すトマトの酸味がヤミツキに。

店内にはスパイスだけでなく、その効能も掲げられている。ぜひ効果
を実感しながら食べたい

[その他のメニュー]
ココナッツカレー900円、トッピング:ハーフチキンカツレツ、フライドエッグ100円、チャイ300円

カレー Clover

[住所]東京都台東区上野1-12-9 2階 [TEL]070-5015-5968 [営業時間]11時半~14時半(14時15分LO)、17時半~21時(20時半LO) [休日]日・祝 [席]カウンター4席、2席×2卓、4席×1卓 計12席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 070-5015-5968
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル