MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
麻布十番 薬膳カレーby DINING BAR Hidden|バーの主人のこだわりが詰まりまくった薬膳カレー(カレー/麻布十番)

麻布十番 薬膳カレーby DINING BAR Hidden|バーの主人のこだわりが詰まりまくった薬膳カレー(カレー/麻布十番)

学生時代からおよそ15年に渡り、カレーにハマって食べ歩いてきたという「ダイニングバー ヒドゥンラウンジ」の店主。「いつか店で出せるものを」と胸に秘め、オーセンティックなバーを営業しながら、スパイスや食材の研究を重ねた。[交]都営大江戸線麻布十番駅6番出口からすぐ ※ランチタイム有

麻布十番 薬膳カレーby DINING BAR Hidden Lounge(最寄駅:麻布十番駅)

行き着いたのは「体に良いのは当たり前」とし、その上で味の良さと国産素材にこだわった薬膳カレー。ルウは、炒めた玉ネギや肉などの素材を水分がなくなるまでじっくりと煮込み、旨みを凝縮したベースを使用。それを適宜、自家製薬膳スープで伸ばして使っている。昨年10月にカレーをバーデビューさせつつ、スパイスの種類や使い方などをさらに見直し続け、満を持して今年の2月からランチを開始。デビュー作「鶏と生姜の煮込み薬膳カレー」は、体がポカポカしてくるほど、たっぷりの生姜を使った一品だ。

(昼)鶏と生姜の煮込み薬膳カレー(普)
1000円

17種類のスパイスを使用し、カレーに合わせてスタータースパイスなどを使い分け。油分は肉の脂のみで、胃もたれしにくいカレーだ。米は店主の出身地・北海道の「ななつぼし」を使用。カレーのサイズは、昼は普通・大盛・特盛の3種類、夜はハーフが加わり4種類となる

(昼)薬膳スープで作ったチキンカレー(普)
1000円

最新作の「チキンカレー」は辛みを抑えすっきりとした味わいで、さらに食べ飽きないものとなっている。

麻布十番 薬膳カレーby DINING BAR Hidden Lounge

■DINING BAR Hidden Lounge
[住所]東京都港区東麻布3-8-9 東麻布ビル地下1階
[TEL]03-5545-5838
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)
[休日]月
[座席]カウンター7席、テーブル4席、テーブル2席、ソファ8席 計21席/全席喫煙可/予約可/カード可/22時以降ドリンク注文チャージ500円
[アクセス]都営大江戸線麻布十番駅6番出口からすぐ ※ランチタイム有

電話番号 03-5545-5838
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カレーは「ポークキーマ」、「チキン」、「エビ」の3種類。メニューは1~3種のカレーが選べる「スリランカカレープレート」(1100円~)、今月のカレーと豆カレーなどが付く「鳩ノ森カレー」(1000円)がある。
ママの出身地大分の料理と、美味しいカレーを食べられる店なのです。カレーはもともと昼の人気メニューで、辞めちゃった人からママが受け継いだ味だとか。
骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。
埼玉屈指のカレーの名店『negombo
33』@西所沢が、高円寺に姉妹店を開店。本店は営業時間が11時半~15時だが、こちらは21時まで営業。
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt