MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「芊品香」の担々刀削麺は香辛料や素材まで本場にこだわった旨辛な味(担々麺/九段下)

「芊品香」の担々刀削麺は香辛料や素材まで本場にこだわった旨辛な味(担々麺/九段下)

長らく名店の料理長を務めながら飽き足らず、オーナーシェフの陳崇雲さんが「本場の本格的な味」を妥協せずに提供したいという思いから昨年11月にオープン。口コミで早くも行列ができている店だ。 ※ランチタイムあり

純中国伝統料理四川料理 芊品香|センピンシャン (最寄駅:九段下駅)

 そのこだわりは本物で、使用する香辛料は30種類以上、すべて四川から取り寄せ、金華ハムや赤鶏、野菜などからダシが取られたスープも余韻が深い。 注目の担々刀削麺は、そんなスープの旨みを背景に、濃厚なゴマの香り、さらには酸味や辛さと痺れが伴ってとても旨辛い。伝統の技で削られた刀削麺がみごとな食感でそこに絡む。いろんな味わいが詰まった、本格にしてオリジナルな一杯だ。

担々刀削麺
850円

複雑で旨辛の味わいはもとより、粗挽きで食感のいい肉味噌、職人技の麺、シャキシャキの野菜まで手抜きは一切なし。辛さは4段階で選べる。パクチートッピング無料(麻辣刀削麺も同様)

☝︎ココに注目!
麻辣醤や麻辣油、激辛辣醤、四川のラー油である紅油まで、本格的な香辛料で仕込まれる

本場麻辣刀削麺
850円

十数種類の香辛料が使われ、さらに痺れる旨さ

絶品本場四川よだれ鶏
780円

口の中で広がる香りの奥行きが素晴らしく、後から複雑な辛さと痺れが来る

[その他のメニュー]
元祖火焔山香草麻婆豆腐880円、芊品香手作りのゴマ棒焼餃子480円、三元豚の特製黒酢酢豚980円など

純中国伝統料理四川料理 芊品香

東京都千代田区飯田橋2-16-4 九段下コート1F ☎03-6272-8860 [営]11時半〜15時(LO)、17時15分〜23時半(22時45分LO) [休]無休 [席]50席/全席喫煙可(ランチ時14時まで禁煙)/カード可/予約(夜)可/サなし [交]地下鉄九段下駅5番出口徒歩5分

電話番号 03-6272-8860
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt