MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
護摩龍(担々麺/大久保)|超濃厚スープで魅了する極濃担々麺

護摩龍(担々麺/大久保)|超濃厚スープで魅了する極濃担々麺

護摩龍の担々麺のスープは鶏と豚を8対2の割合で合わせ、たっぷりの野菜と共に炊いた「濃厚ながらも胃もたれしにくい」と評判。じっくり練り込んだ2種類のゴマと数種類のスパイスが入った“しびれ”と“辛さ”を併せ持つ自家製辣醤を合わせることで、特注の太麺にも負けない濃厚なスープに仕立てている。 ※ランチタイムあり

護摩龍 百人町総本山(最寄駅:大久保駅)

麺はもちっとした太ストレート麺。やや甘めに味付けされたたっぷりの肉味噌とほうれん草がのる。花椒は入らない

護摩龍担担麺(護摩龍1辛)
800円

辛さは数種類の唐辛子をブレンドしたオリジナルパウダーで調節。激辛レベルの辛さにも対応している。

ライス
100円+炙りチーズリゾット200円

濃厚スープを最後まで美味しく飲み干してほしいと考案された「チーズリゾット」。スープが薄くなるため、あえて替え玉は販売しないそう

地獄の担担麺(阿修羅•15辛)
900円

辛いモノ好きに人気のメニュー

麺はもちっとした太ストレート麺。やや甘めに味付けされたたっぷりの肉味噌とほうれん草がのる。花椒は入らない

ココに注目
自家製辣醤とスープ、ラー油を手鍋で合わせて提供。こうすることで辛さが全体になじむ

[その他のメニュー]
地獄の担担麺(飢餓•10辛)850円、(血の池•30辛)950円、(無限•?辛)1100円、黒の修羅場(修羅1号•10辛)850円、(修羅2号•15辛)900円、(修羅3号•30辛)950円、麺大盛100円、バター50円、のり(5枚)100円、生卵50円、肉味噌マシ200円

護摩龍 百人町総本山

東京都新宿区百人町1-23-17 大久保南口共同ビル1F ☎03-6279-1997 [営]11時半~15時LO、17時半~23時半LO [休]月 [席]カウンター7席 [交]JR大久保駅南口すぐ

電話番号 03-6279-1997
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
208views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt