MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
龍公亭(カレー/神楽坂)|シーフードも入った驚きのルックスでリッチ!

龍公亭(カレー/神楽坂)|シーフードも入った驚きのルックスでリッチ!

広々開放的な店内で本格的な広東料理を楽しめる創業明治22年の老舗。神楽坂という場所柄かこのカレー、出版社の人々に人気で、口コミで広まったとか(夜は裏メニュー)。※ランチタイムあり

perm_media 《画像ギャラリー》龍公亭(カレー/神楽坂)|シーフードも入った驚きのルックスでリッチ!の画像をチェック! navigate_next

龍公亭(最寄駅:飯田橋駅)

「昔過ぎてわからない」が、横浜のカレーを中華風にアレンジしたのが発端とも。前菜からすべて手作りという料理は、それぞれのメニューに角界のファンが多い。カレーは嵐山光三郎さんもイチ押し。

カレーライス
1200円

シーフードも入った一見中華丼風の具沢山。スパイシーでほどよいとろみ、上品でリッチな旨みがある

広東風パリパリ皮鶏(半羽)
1200円

[その他のメニュー]
広東風腸詰750円、干し貝柱と白菜の煮込み1700円、大海老のチリソース煮1850円、酢豚1850円、海鮮入り焼きそばなど

ウマさのPOINT
鶏ガラやモミジから
じっくり取ったスープ


カレーにも使われている「ガラスープ」にはこだわりが。鶏ガラ、モミジ、香味野菜などからじっくり取られ、コラーゲンもたっぷり。味に深みを出してくれています

龍公亭

東京都新宿区神楽坂3-5 ☎03-3260-4848 [営]11時~15時、17時~22時 [休]無休(年末年始を除く) [席]テーブル席全93席/分煙(テラス席・個室は喫煙可)/予約可/カード可(夜のみ)/個室ルームチャージ500円(一人) [交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分、JR総武線飯田橋駅西口から徒歩5分

電話番号 03-3260-4848
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル