MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
デイリースパイス&バル オフビート|インドのスナックが◎ラテン×スパイスの陽気なリズム(インド料理バル/曙橋)

デイリースパイス&バル オフビート|インドのスナックが◎ラテン×スパイスの陽気なリズム(インド料理バル/曙橋)

「ダヒプリ」。呪文のようなその名の正体は、インドの屋台で出されるスナックだ。※ランチタイムあり

デイリースパイス&バル オフビート(最寄駅:曙橋駅)

一見たこ焼き風の風貌ながら、パクリと口に放り込めばスパイス爆弾のようなパンチ力を発揮する。マサラ風味のじゃがいもとタマリンドソースのフルーティな酸味がポンッ! と炸裂するのだ。この不思議なつまみを手掛けるのは店主の大窟さん。インド料理店のキッチンで働いた経験もあり、インドや沖縄が入り混じったつまみを得意とする。 でもなぜかアルコールはシェリーがウリ。あえてインドビールなどを合わせないことで、ジャズの“オフビート”のような意外な魅力を発見できる。

ダヒプリ
500円

手前の「ダヒプリ」は屋台により作り方や様々な味わいがあるとか。外側は豆の粉を使った生地を揚げている。奥はクミン風味が特徴の「にんじんシリシリマリネ」480円

サモサ(1個)
400円

「サモサ」は人気の「シェリービール」800円に合う

シェリー
480円~

シェリーは厳選約9種類。ほぼ500円前後と価格も気軽だ。ほかにラムやテキーラも揃う

ポークヴィンダル
580円

カレーは〆にちょうどいいミニサイズ。酸味が特徴のこのカレーはゴア地方の名物で、インド料理では珍しく豚肉を使っている

デイリースパイス&バル オフビート

東京都新宿区荒木町16 第二歯朶ビル1F ☎080-4685-0748 [営]11時半~14時、18時~23時(フード22時LO) [休]土・日・祝、不定休あり [席]カウンター10席/全席禁煙(喫煙所あり)/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交]都営新宿線曙橋駅A4出口から徒歩2分

電話番号 080-4685-0748
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt