MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
デイリースパイス&バル オフビート|インドのスナックが◎ラテン×スパイスの陽気なリズム(インド料理バル/曙橋)

デイリースパイス&バル オフビート|インドのスナックが◎ラテン×スパイスの陽気なリズム(インド料理バル/曙橋)

「ダヒプリ」。呪文のようなその名の正体は、インドの屋台で出されるスナックだ。※ランチタイムあり

perm_media 《画像ギャラリー》デイリースパイス&バル オフビート|インドのスナックが◎ラテン×スパイスの陽気なリズム(インド料理バル/曙橋)の画像をチェック! navigate_next

デイリースパイス&バル オフビート(最寄駅:曙橋駅)

一見たこ焼き風の風貌ながら、パクリと口に放り込めばスパイス爆弾のようなパンチ力を発揮する。マサラ風味のじゃがいもとタマリンドソースのフルーティな酸味がポンッ! と炸裂するのだ。この不思議なつまみを手掛けるのは店主の大窟さん。インド料理店のキッチンで働いた経験もあり、インドや沖縄が入り混じったつまみを得意とする。 でもなぜかアルコールはシェリーがウリ。あえてインドビールなどを合わせないことで、ジャズの“オフビート”のような意外な魅力を発見できる。

ダヒプリ
500円

手前の「ダヒプリ」は屋台により作り方や様々な味わいがあるとか。外側は豆の粉を使った生地を揚げている。奥はクミン風味が特徴の「にんじんシリシリマリネ」480円

サモサ(1個)
400円

「サモサ」は人気の「シェリービール」800円に合う

シェリー
480円~

シェリーは厳選約9種類。ほぼ500円前後と価格も気軽だ。ほかにラムやテキーラも揃う

ポークヴィンダル
580円

カレーは〆にちょうどいいミニサイズ。酸味が特徴のこのカレーはゴア地方の名物で、インド料理では珍しく豚肉を使っている

デイリースパイス&バル オフビート

東京都新宿区荒木町16 第二歯朶ビル1F ☎080-4685-0748 [営]11時半~14時、18時~23時(フード22時LO) [休]土・日・祝、不定休あり [席]カウンター10席/全席禁煙(喫煙所あり)/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交]都営新宿線曙橋駅A4出口から徒歩2分

電話番号 080-4685-0748
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
最新記事
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
get_app
ダウンロードする
キャンセル