MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
カリ〜アンドスパイスバル咖喱人|インド料理を愛する店主が作った夢のスパイスバル(バル/飯田橋)

カリ〜アンドスパイスバル咖喱人|インド料理を愛する店主が作った夢のスパイスバル(バル/飯田橋)

2015年にオープンしたばかりだが、カレー好きにはすでに名を知られているのがこちら。インド料理にはまって、ついに前職を辞めて店を出してしまったという安川さんが料理人兼店主。※ランチタイムあり

カリ〜アンドスパイスバル咖喱人(最寄駅:飯田橋駅)

準備期間の1年半で前のめりに食べ歩いたカレーは約500食もあるとか。そんな努力の成果が実って、インドテイストを上手く酒のつまみに変換している。 おすすめの「おつまみセット」は、おまかせ5種類のスパイスつまみとドリンクがついてハッピーアワーなら1080円ポッキリ。選べるドリンクはホッピーもありというのも頼もしく、オフィス街の飯田橋らしい懐の広さを垣間見せる。 安川さんのキャッチフレーズは「NO CURRY, NO LIFE」。そんな熱き店主の店では、カレー談義でワイワイ賑わうのも楽しい時間となる。

おつまみセット ドリンク付き1080円(19時30分まで)※写真はホッピー

おまかせ5種類のつまみが盛り合わせになった「おつまみセット」はハッピーアワー以外は1404円。この日はサバのポリヤル、バジルポテサラ、人参サラダ、砂肝のアチャール、カリ〜ピクルス

パクチータンドリーチキン
756円

パクチーたっぷりのタンドリーチキンは骨なしでジューシー。夏季限定の白ワインベースの「サングリア」864円と

お酒も多種揃う。左からインドのウイスキー「アムルット」864円、焼酎「悟空」648円、ビールは「ブルームーン」864円や「ライオンスタウト」756円、グラスワイン648円などもある

粗挽きキーマカリ~
918円

看板メニューのカレーはサラダ付き

カリ〜アンドスパイスバル咖喱人

■『カリ〜アンドスパイスバル咖喱人』
[住所]東京都千代田区飯田橋3-2-6 フィルパーク飯田橋1F 
[TEL]03-6265-6960 
[営業時間]月曜日~木曜日:11時半~14時半、17時半~22時(金曜日は~23時)
[休日]土曜日・日曜日・祝日 
[座席]カウンター9席、屋上あり/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄東西線飯田橋駅A5出口から徒歩1分

電話番号 03-6265-6960
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
旬の野菜12種以上が入った「鶏ざんまい」。鶏ガラと野菜で取った旨みたっぷりのスープに、スパイス7種、マジョラム、タイムなどのハーブを合わせて作ったカレーは、素材の滋味を活かした、鮮烈でキレのあるスープが特徴だ。
『エリックサウス』各店のなかでもモダンスタイルを提案するこちら。ここのビリヤニは、メッカとして知られるインド中南部の街ハイデラバード式だ。
今人気のカレーといえば、大阪発のスパイスカレー。しかし、北海道ではスープカレーが根強い人気を誇っている。
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt