MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カリ〜アンドスパイスバル咖喱人|インド料理を愛する店主が作った夢のスパイスバル(バル/飯田橋)

カリ〜アンドスパイスバル咖喱人|インド料理を愛する店主が作った夢のスパイスバル(バル/飯田橋)

2015年にオープンしたばかりだが、カレー好きにはすでに名を知られているのがこちら。インド料理にはまって、ついに前職を辞めて店を出してしまったという安川さんが料理人兼店主。※ランチタイムあり

perm_media 《画像ギャラリー》カリ〜アンドスパイスバル咖喱人|インド料理を愛する店主が作った夢のスパイスバル(バル/飯田橋)の画像をチェック! navigate_next

カリ〜アンドスパイスバル咖喱人(最寄駅:飯田橋駅)

準備期間の1年半で前のめりに食べ歩いたカレーは約500食もあるとか。そんな努力の成果が実って、インドテイストを上手く酒のつまみに変換している。 おすすめの「おつまみセット」は、おまかせ5種類のスパイスつまみとドリンクがついてハッピーアワーなら1080円ポッキリ。選べるドリンクはホッピーもありというのも頼もしく、オフィス街の飯田橋らしい懐の広さを垣間見せる。 安川さんのキャッチフレーズは「NO CURRY, NO LIFE」。そんな熱き店主の店では、カレー談義でワイワイ賑わうのも楽しい時間となる。

おつまみセット ドリンク付き1080円(19時30分まで)※写真はホッピー

おまかせ5種類のつまみが盛り合わせになった「おつまみセット」はハッピーアワー以外は1404円。この日はサバのポリヤル、バジルポテサラ、人参サラダ、砂肝のアチャール、カリ〜ピクルス

パクチータンドリーチキン
756円

パクチーたっぷりのタンドリーチキンは骨なしでジューシー。夏季限定の白ワインベースの「サングリア」864円と

お酒も多種揃う。左からインドのウイスキー「アムルット」864円、焼酎「悟空」648円、ビールは「ブルームーン」864円や「ライオンスタウト」756円、グラスワイン648円などもある

粗挽きキーマカリ~
918円

看板メニューのカレーはサラダ付き

カリ〜アンドスパイスバル咖喱人

■『カリ〜アンドスパイスバル咖喱人』
[住所]東京都千代田区飯田橋3-2-6 フィルパーク飯田橋1F 
[TEL]03-6265-6960 
[営業時間]月曜日~木曜日:11時半~14時半、17時半~22時(金曜日は~23時)
[休日]土曜日・日曜日・祝日 
[座席]カウンター9席、屋上あり/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄東西線飯田橋駅A5出口から徒歩1分

電話番号 03-6265-6960
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
ダイエットにもさまざまあるが、そのひとつに糖質制限ダイエットがある。気になりつつも、ご飯やあらゆる麺類、揚げ物などが大好きなので、見て見ぬフリをしてきたのが現状。しかし、カレーチェーン店『CoCo壱番屋』に低糖質メニューがあると聞き食べてきました。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル