MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
HATONOMORI(カレー酒場/北参道)|和洋のスパイス&ハーブがピリッと料理のアクセントに

HATONOMORI(カレー酒場/北参道)|和洋のスパイス&ハーブがピリッと料理のアクセントに

カレーもあるがそれだけじゃない。それがカレー酒場。ここ『HATONOMORI』もアジアン系から花山椒、ハラペーニョにワサビに生姜など、和洋のスパイスを使ったつまみが勢ぞろい。※ランチタイムあり

Cafe & Bar HATONOMORI(最寄駅:北参道駅)

 その巧みなスパイス使いの背景に、なにやらツウの存在を感じさせるのだが、それもそのはず。メニューをコーディネイトしているのは、マニアの間で話題だったポップアップ店舗“水曜カレー”の高木賢祐さん。「スパイスのとらえ方は考え方次第。インド料理のようなものばかりじゃなくて、日本の生姜やワサビも使っていきたい」

 その自由な発想から生まれた料理は楽しく、ココナッツのソースを添えた水餃子だったり、トムヤムテイストのモツ煮込みなど、幅広く各国のエッセンスを感じさせる。 お酒のリストを開けば、カクテル、ワイン、ビールはもちろん、プレミアムなラムやテキーラも揃っていて、ちょっとしたバー顔負けの品揃え。夜は喫煙可のカウンターでお酒を楽しむという使い方もありだ。

 最後は、インドテイストながらもオリジナリティのある力作のカレーで〆るのが必須。

パクチー水餃子(6個)
750円

パクチーたっぷりの水餃子は、ポン酢のようなココナッツダレと唐辛子が利いたトムヤム風味の辛酸っぱいタレの2種

塩レモンサワー
600円

左から爽やかな味わいの「スパイス梅酒」650円、コリアンダーの香りがたまらない「パクチーモヒート」850円。上質な造りのプレミアムテキーラやラムは600円~とリーズナブルな価格

おつまみサバサンド
1100円

トルコ名物のサバサンドは〆にもおつまみにもぴったり。酸味がさっぱりした味わいの「チキンピクルス」も頼みたい一品

チキンピクルス
650円

カレープレート3種盛り
1700円

ランチも人気のカレーは、夜はライス抜きの単品でもOK。カレープレートは1~3種類までの選べるカレーとサンバルやパパド、アチャール、ライスがセットになっている。カレーはその時々で内容が変わるが、チキン、キーマのほか本日のカレーなどがある

[その他のメニュー]
マサラパパド450円、本日のポテトサラダ550円、レバーペースト650円、はまる、トムヤムモツ煮込み750円、仔羊とパクチーのクミン炒め950円ほか

Cafe & Bar HATONOMORI

東京都渋谷区千駄ヶ谷1-5-1 ☎03-6432-9009 [営]11時半~14時半LO、18時~23時半、金11時半~14時半LO、18時~翌3時、土11時半~翌3時、日祝11時半~18時(日祝の夜は貸切のみ営業) [休]無休 [席]カウンター8席、テーブル30席、計38席/分煙(ランチは禁煙)/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交]地下鉄大江戸線北参道駅1番出口から徒歩5分

電話番号 03-6432-9009
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
旬の野菜12種以上が入った「鶏ざんまい」。鶏ガラと野菜で取った旨みたっぷりのスープに、スパイス7種、マジョラム、タイムなどのハーブを合わせて作ったカレーは、素材の滋味を活かした、鮮烈でキレのあるスープが特徴だ。
『エリックサウス』各店のなかでもモダンスタイルを提案するこちら。ここのビリヤニは、メッカとして知られるインド中南部の街ハイデラバード式だ。
今人気のカレーといえば、大阪発のスパイスカレー。しかし、北海道ではスープカレーが根強い人気を誇っている。
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt