MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(1) 憧れのダイナープレヤデス(寝台特急トワイライトエクスプレス)/2015年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(1) 憧れのダイナープレヤデス(寝台特急トワイライトエクスプレス)/2015年撮影

撮り鉄のカメラマンが綴る、鉄道と食の旅日記。 ブログ連載第1回は、超人気の寝台特急トワイライトエクスプレスに関する、約30年前の写真とお話です。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(1) 憧れのダイナープレヤデス(寝台特急トワイライトエクスプレス)/2015年撮影の画像をチェック! navigate_next

憧れのダイナープレヤデス(寝台特急トワイライトエクスプレス)/2015年撮影

 “鉄道と食”と思い浮かべていちばん衝撃的だったのが、30年近く前に走り始めた寝台特急トワイライトエクスプレスの食堂車“ダイナープレヤデス”でした。それまで列車の食堂車やビュッフェといえばカレーやスパゲッティーと相場が決まっていたのですが、この列車ではフルコースの料理が食べられるのですから驚きです。オリエント急行など海外で豪華寝台列車が走っているのは聞いていましたが、まさか日本で乗れるとは。運転開始間もなくチケットが取れたときには舞い上がる気分でした。

 お昼ごろ大阪駅を出発し、日本海に沿って北上します。ゆったりとした時間の流れる車内でくつろぎ、列車名の由来となった黄昏(トワイライト)時を迎えたころ食堂車へ。


当時のメニューを見てみると、
・ 日本海産の蛤パイ包み
・ カニ身と野菜のミネストローネ
・ トゥールヌドーステーキ唐辛子風味、温野菜と共に
・ 鴨のロースト オレンジソース
  など。

 日本海沿岸の食材を使用したメニューを流れる車窓を眺めながらいただく新しい感覚に感動、夜のパブタイムには列車オリジナルカクテル「夕日」と「漁火」をかたむけて夜を迎える、夢のような時間でした。

 JR東日本の寝台特急北斗星とともに、移動だけでなく乗ることや食べる楽しみの列車のパイオニアとして長年憧れていたトワイライトエクスプレスも2015年3月に約25年の運転を、惜しまれつつ終了しました。これは“鉄道と食”の時代が変わる出来事でした。

北海道内では2両のディーゼル機関車に付け替えて札幌へ向かう

コース料理のメインディッシュ

食堂車“ダイナープレヤデス”

1列車に1室、最後にあるA個室スイート、憧れの個室だった。

オリジナルカクテル「夕日」「漁火」

青函トンネルを抜けて北海道へ

佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル