MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(1) 憧れのダイナープレヤデス(寝台特急トワイライトエクスプレス)/2015年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(1) 憧れのダイナープレヤデス(寝台特急トワイライトエクスプレス)/2015年撮影

撮り鉄のカメラマンが綴る、鉄道と食の旅日記。 ブログ連載第1回は、超人気の寝台特急トワイライトエクスプレスに関する、約30年前の写真とお話です。

憧れのダイナープレヤデス(寝台特急トワイライトエクスプレス)/2015年撮影

 “鉄道と食”と思い浮かべていちばん衝撃的だったのが、30年近く前に走り始めた寝台特急トワイライトエクスプレスの食堂車“ダイナープレヤデス”でした。それまで列車の食堂車やビュッフェといえばカレーやスパゲッティーと相場が決まっていたのですが、この列車ではフルコースの料理が食べられるのですから驚きです。オリエント急行など海外で豪華寝台列車が走っているのは聞いていましたが、まさか日本で乗れるとは。運転開始間もなくチケットが取れたときには舞い上がる気分でした。

 お昼ごろ大阪駅を出発し、日本海に沿って北上します。ゆったりとした時間の流れる車内でくつろぎ、列車名の由来となった黄昏(トワイライト)時を迎えたころ食堂車へ。


当時のメニューを見てみると、
・ 日本海産の蛤パイ包み
・ カニ身と野菜のミネストローネ
・ トゥールヌドーステーキ唐辛子風味、温野菜と共に
・ 鴨のロースト オレンジソース
  など。

 日本海沿岸の食材を使用したメニューを流れる車窓を眺めながらいただく新しい感覚に感動、夜のパブタイムには列車オリジナルカクテル「夕日」と「漁火」をかたむけて夜を迎える、夢のような時間でした。

 JR東日本の寝台特急北斗星とともに、移動だけでなく乗ることや食べる楽しみの列車のパイオニアとして長年憧れていたトワイライトエクスプレスも2015年3月に約25年の運転を、惜しまれつつ終了しました。これは“鉄道と食”の時代が変わる出来事でした。

北海道内では2両のディーゼル機関車に付け替えて札幌へ向かう

コース料理のメインディッシュ

食堂車“ダイナープレヤデス”

1列車に1室、最後にあるA個室スイート、憧れの個室だった。

オリジナルカクテル「夕日」「漁火」

青函トンネルを抜けて北海道へ

佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今回、訪れた鹿児島でのミッションは「鹿児島市電の全形式を撮影する」でした。 これが、なかなか厳しい! 鹿児島市電の場合は15種類もあります。 早朝から線路脇で通勤電車撮影作戦から始まり……。 どうにかミッションをクリアしたあとは、桜島で美味しいものの名産を探しに出かけてみました!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt