MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
天ぷら 船橋屋 本店で老舗に伝わる熟練の技を楽しむ(天ぷら/新宿三丁目)

天ぷら 船橋屋 本店で老舗に伝わる熟練の技を楽しむ(天ぷら/新宿三丁目)

厳選した旬の食材を特別注文で作るゴマ油でカラリと揚げる天ぷらは、どのネタも瑞々しく、まさに老舗の技のなせる美味しさ。しかも写真の天丼のほか「定食」、「コース」などリーズナブルに楽しめるとあって、週末は予約がベターだ。

perm_media 《画像ギャラリー》天ぷら 船橋屋 本店で老舗に伝わる熟練の技を楽しむ(天ぷら/新宿三丁目)の画像をチェック! navigate_next

天ぷら 船橋屋 本店(最寄駅:新宿三丁目駅)

接待、デートなどにもぴったり。

天丼
1450円

天ぷら 船橋屋 本店

■『天ぷら 船橋屋 本店』
[住所]東京都新宿区新宿3-28-14
[TEL]03-3354-2751
[営業時間]11時40分~21時半LO ※ランチタイム有
[休日]水曜日(祝日の場合は営業)
[アクセス]都営新宿線新宿三丁目駅から徒歩2分

電話番号 03-3354-2751
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業は明治35年(1902)。エビ天、キス天、ナス天と、小柱・イカなどのかき揚げはとにかく真っ黒な見た目で、浅草で食べる天丼の王道スタイル。
高級感漂う檜のカウンター席で、昼も夜も揚げたてを一品ずつ提供する。エビは鹿児島産の活才巻エビで、ふっくらとしつつプリプリ。
カウンターで揚げたてが提供される天婦羅ランチが1500円。銀座の中心地とは思えない手頃な価格は、「小さい店舗で、多くの人に来ていただけるよう席の間隔を狭くしたり、市場に通って安くていい魚を探したりしているから」という二代目店主の奥村仁さん。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。
気さくで小気味よく話す、店主・小嶋さんの人柄ゆえか、遠くから足を運ぶ常連さんも多し。店は快活な雰囲気に溢れている。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1180views 本誌紹介

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル