MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
エスニックを気軽に食べられる池袋の人気店が新宿進出!(ビストロ/新宿三丁目)

エスニックを気軽に食べられる池袋の人気店が新宿進出!(ビストロ/新宿三丁目)

エスニックとフレンチを融合させた“オリエンタルビストロ”という新たなジャンルを確立した池袋の人気店が、新宿三丁目エリアにも出店した。ビストロ料理に香辛料やスパイスをふんだんに加えた、香り高いオリジナル料理がメニューに並ぶ。

オリエンタルビストロ アガリコ 新宿店(最寄駅:新宿三丁目駅)

パクチーをダイナミックに使用した料理も数多く揃えており、特に女性からの支持を集めている。

BBQスペアリブ
1050円

スパイシーな自家製BBQソースがジューシーな豚肉にピッタリ

元祖オリエンタル 餃子パスタ
840円

餃子の皮をパスタに見立てたオリジナル料理。モチモチ食感で花椒を利かせた四川風ボロネーズソースと相性抜群。目の前で削ってくれるチーズをかけていただく

TAPAS五種盛り
1450円

この日はポテトサラダ、スパイシーチキンウィング、ハニーチーズ豆腐など

パクチー酎ハイ
480円

たっぷりのパクチーで見た目もインパクト大! マドラーでつぶせば鮮烈な香りがあふれ出す

オリエンタルチリージョ パクチーと鶏モモ
730円

XO醤を使用し、エスニックな風味満点だ

オリエンタルビストロ アガリコ 新宿店

東京都新宿区新宿3-9-9 ☎03-5357-7997 [営]17時〜翌5時(フード翌4時、ドリンク翌4時半LO) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル36席 計42席(他にテラス席あり)/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し代320円別 [交]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分

電話番号 03-5357-7997
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt