MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[閉店]THE SANDWICHHOUSE 55(カフェ/渋谷)

[閉店]THE SANDWICHHOUSE 55(カフェ/渋谷)

熟練シェフのこだわりが光るグルメサンド。洋食店などで経験を積んだその道40年の料理人と、フレンチ出身のシェフが手掛ける本格グルメサンドが楽しめる。店名通りメニューは全55種類。THE SANDWICHHOUSE 55(ザ サンドウィッチハウス フィフティーファイブ)[交]JR山手線ほか渋谷駅東口から徒歩8分

perm_media 《画像ギャラリー》[閉店]THE SANDWICHHOUSE 55(カフェ/渋谷)の画像をチェック! navigate_next

クラブハウスローストビーフ1328円

自家製のローストビーフをトマトやチーズと共に挟み、カクテルソースとわずかなマヨネーズで味を調えている

【閉店】THE SANDWICHHOUSE 55
渋谷

 洋食店などで経験を積んだその道40年の料理人と、フレンチ出身のシェフが手掛ける本格グルメサンドが楽しめる。店名通りメニューは全55種類。フィリング(具)やソース類はすべて自家製で、パンはブリオッシュやイギリスパンなど6種類を使い分けるという徹底ぶりだ。 人気は「クラブハウスローストビーフ」(1328円)。牛サーロインの柔らかいローストビーフをメインに、食パン3枚を使って端正なサンドに完成させる。オープンキッチンのカウンター席から眺めるシェフの華麗な手さばきも最高のご馳走だ。

モンテクリストハム・チーズ・アボカド
1134円

アボカドやハムをほんのり甘いフレンチトーストで挟んだ。自家製ジャムを付けていただくと味の変化を楽しめる

【閉店】THE SANDWICHHOUSE 55
渋谷

東京都渋谷区渋谷3-15-1 テルイチビル 1階 ☎03-3406-7355 [営]10時~21時半(21時 LO)、土10時~20時半(20時 LO)、日・祝11時~17時半(17時 LO) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル6席、計12席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし [交]JR山手線ほか渋谷駅東口から徒歩8分

電話番号 03-3406-7355
2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
玉子サンドといえば、パン屋さん、スーパー、コンビニ、デパ地下など、ありとあらゆる場所で手に入るサンドイッチの代表格。にも関わらず、入手に苦労する玉子サンドがあるのだ。そのお店とは通称「玉子サンド研究所」。どれほどまでに苦労するのか、ライター菜々山が突撃!
2021年3月号の『おとなの週末』にて、東京で楽しめる「世界のパン」14カ国の味を食べ比べ! その中から、手軽に注文できて春のブランチにもぴったりのサンドイッチ3選をお届けします。
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル