MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
お茶を活かした上品な味わいにしみじみ和む(カフェ/西早稲田)

お茶を活かした上品な味わいにしみじみ和む(カフェ/西早稲田)

 日本各地の農家から直送される無農薬有機栽培のお茶にこだわる日本茶専門店。「茶々パフェ」は現在も店主により、試行錯誤が進められる逸品だ。※ランチタイム有

日本茶カフェ 茶々工房(最寄駅:西早稲田駅)

使われている抹茶寒天やほうじ茶寒天、つぶあんなどはすべて手作り。甘さ控えめなやさしい味わいにほっと落ち着く。 お茶は定番の他に季節限定品など15種以上を揃え、その甘みと渋み、香りなど、珠玉の一服が楽しめる。好みはもちろん、3種類揃えるパフェに合わせて選んでみるのもおすすめだ。 18時半以降は店で煎れたお茶を使う「緑茶ハイ」(600円)などのアルコール類も提供。店内にはカウンターがあり、一人でも利用しやすい。

茶々パフェ
850円

抹茶とほうじ茶、バニラの3種のアイスクリームと寒天が茶パウダーとあんこによりバランスよくまとめられている。厳選された黒蜜には、ほうじ茶を自家ブレンド

黒ごまパフェ
600円

たっぷりかけられたすりたてのゴマと玄米フレークの香ばしさが相まって匙が進む。寒天入りでサッパリといただける

天豊(5月〜9月末)
500円

抽出時間や温度なども徹底管理。二煎め以降の味わいの変化にも注目

日本茶カフェ茶々工房

■『日本茶カフェ 茶々工房』
[住所]東京都新宿区西早稲田2-21-19
[TEL]03-3203-2033
[営業時間]12時〜22時(21時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター4席、2席×2卓、4席×2卓 計16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄副都心線西早稲田駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-3203-2033
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。
行き交う人々を眼下に望み、店内へ一歩足を踏み入れると、約100年前から東京駅丸の内駅舎を支えた赤煉瓦の空間が広がっている。当時の面影に思いを馳せてのんびりと過ごせば、心が温まる。
ウッド調の店内を覗くと、入り口側にはトラベルグッズやお土産、文具のほか、プレゼントしたくなるような季節感あふれる小物など、様々なアイテムが並ぶ。奥にあるレストスペースは、止まり木といった趣のちょっとひと息つきたくなるような空間だ。
住宅街の細い路地に構える瀟洒な一軒家。1984年に紅茶専門店として開店以来、店主の樋口浩子さんが腕をふるっている。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt