MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
栗本来の旨さを最大限に引き出した傑作パフェ(カフェ/千駄木)

栗本来の旨さを最大限に引き出した傑作パフェ(カフェ/千駄木)

 2016年8月の創業5周年に合わせてリニューアルされた、「モンブランパフェ」。ぜひ味わってほしいのが、このパフェに鎮座するむき栗と渋皮の2種類のクリームだ。※ランチタイム有

和栗や(最寄駅:千駄木駅)

改良を重ねて完成したそれらは、ひと口食べれば、鮮烈な栗の旨みと香りが一緒に押し寄せる、究極ともいえる味。「栗ってこんなに美味しかった!?」と感動を覚えること間違いなし。「栗は非常にデリケートな食べ物」と言う店主のこだわりは、和栗専門店の名に恥じぬよう、主役の栗に慈しむよう向き合って、一つひとつの仕事を丁寧に行うこと。店内のみでいただける作りたての上質な味は、世の栗好きも唸らせる。

モンブランパフェ、冷 水出し茎ほうじ茶
850円、350円(セット価格)

むき栗のクリームの下には、渋皮のクリーム、栗薫ソフトがたっぷりと。一番下に入ったバナナとメレンゲが食感のアクセントに

栗薫ソフト
450円

テイクアウトのみで提供。他に数量限定の「黒みつ寒天ソフト」(700円)などもある

モンブランデセル
750円

メレンゲと無糖生クリームが隠されたモンブランは触ると崩れそうなほど柔らか

栗薫(1袋3個入り)
650円

栗きんとんの原型にヒントを得た人気商品。お土産におすすめだ

和栗や

■『和栗や』
[住所]東京都台東区谷中3-9-14
[TEL]03-5834-2243
[営業時間]11時〜18時(17時半LO)※原料がなくなり次第終了
[休日]月曜日 ※祝日・繁忙期は営業
[座席]2名×2卓、3名×1卓、6名×1卓 計13席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅2番出口から徒歩5分

電話番号 03-5834-2243
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。
行き交う人々を眼下に望み、店内へ一歩足を踏み入れると、約100年前から東京駅丸の内駅舎を支えた赤煉瓦の空間が広がっている。当時の面影に思いを馳せてのんびりと過ごせば、心が温まる。
ウッド調の店内を覗くと、入り口側にはトラベルグッズやお土産、文具のほか、プレゼントしたくなるような季節感あふれる小物など、様々なアイテムが並ぶ。奥にあるレストスペースは、止まり木といった趣のちょっとひと息つきたくなるような空間だ。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt