MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食

洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食

かつて築地の場内にあり、多くのファンを魅了した『洋食たけだ』。ここで腕を磨いた店主が作る、手間ひまかけた料理が評判だ。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食の画像をチェック! navigate_next

洋食 KOBAYA(最寄駅:新宿御苑前駅)

ランチタイムにほとんどの客が注文するのが、人気のフライ系メニュー2種類を盛り合せたおトクな「本日のランチ」。この日は、ベシャメルソースにカニ肉をたっぷり使ったカニクリームコロッケと、その日の朝挽いたばかりの牛・豚ミンチで作る、ふっくらジューシーなメンチカツ。生パン粉をまとわせてから白絞油で揚げ、驚くほど軽やかな衣の食感に仕上げている。そこにたっぷりかけられる自家製デミグラスソースがウマさの決め手。トマトや玉ネギのまろやかな甘みをいかし、ご飯との相性がとにかく抜群! フライ×デミグラスの魅惑の美味に箸が止まらない。

本日のランチ(メンチ&カニクリームコロッケ)
800円

特に人気の高いメンチは定番。もう1品が日替わりとなりイカ、エビフライなどがのる

洋食 KOBAYA

[住所]東京都新宿区富久町16-14 [TEL]03-3341-8642 [営業時間]11時半~15時LO、17時半〜20時半LO [休日]日・祝[交通アクセス]地下鉄新宿御苑前駅から徒歩5分

電話番号 03-3341-8642
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル