MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食

洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食

かつて築地の場内にあり、多くのファンを魅了した『洋食たけだ』。ここで腕を磨いた店主が作る、手間ひまかけた料理が評判だ。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食の画像をチェック! navigate_next

洋食 KOBAYA(最寄駅:新宿御苑前駅)

ランチタイムにほとんどの客が注文するのが、人気のフライ系メニュー2種類を盛り合せたおトクな「本日のランチ」。この日は、ベシャメルソースにカニ肉をたっぷり使ったカニクリームコロッケと、その日の朝挽いたばかりの牛・豚ミンチで作る、ふっくらジューシーなメンチカツ。生パン粉をまとわせてから白絞油で揚げ、驚くほど軽やかな衣の食感に仕上げている。そこにたっぷりかけられる自家製デミグラスソースがウマさの決め手。トマトや玉ネギのまろやかな甘みをいかし、ご飯との相性がとにかく抜群! フライ×デミグラスの魅惑の美味に箸が止まらない。

本日のランチ(メンチ&カニクリームコロッケ)
800円

特に人気の高いメンチは定番。もう1品が日替わりとなりイカ、エビフライなどがのる

洋食 KOBAYA

[住所]東京都新宿区富久町16-14 [TEL]03-3341-8642 [営業時間]11時半~15時LO、17時半〜20時半LO [休日]日・祝[交通アクセス]地下鉄新宿御苑前駅から徒歩5分

電話番号 03-3341-8642
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
容姿端麗なカツは着飾った憧れのお姉さんといった風情か。遠山シェフの故郷、熊本の天草ポークを使い、瑞々しさをキープするためオーダー後に塊肉から切り出して調理する。
清潔な調理場とコックの働きを見て、「(これなら、うまいだろう)と、おもい、私は入って見たわけだが、期待は裏切られなかった。」と著書に記したのが池波正太郎。まさにその通り、何を食べてもたいそう旨いのである。
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル