MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
豚太郎|故郷に帰ったようなほっこり酒場で一献(居酒屋/武蔵小山)

豚太郎|故郷に帰ったようなほっこり酒場で一献(居酒屋/武蔵小山)

住宅街にポツンと灯る看板の一軒家。一見なら入るのを少しためらうかもしれない。

豚太郎|とんたろう(最寄駅:武蔵小山駅)

思い切って中を覗けば、迎えてくれるのは着物に割烹着姿の女将さん。優しい笑みと物腰はどこか懐かしく、こう言っちゃ失礼かもしれないがとてもかわいい。それだけでもうこの店の虜になるはずだ。昭和38年に母親が始めた店を20代後半で継いで数十年。買い出しから仕込み、接客まで毎日ひとりでこなす忙しさで、「休んだのはお産の時だけよ」と笑う。無論、店の魅力が女将だけじゃないことは、ズラリと並ぶおばんざいを見れば一目瞭然だろう。煮付けに焼き物、魚はその場でお造りにもしてくれる。これがしみじみ旨い。

店内はこの字カウンター。「コの字は仕事がしやすいからずっと使っているの」と女将さん。カウンターの上には手作りの大皿料理が並び、下のガラスケースには寿司屋さながら旬の魚介類がギッシリ。好みを言えば刺身や焼き物などに調理してくれる。ひとりや夫婦で訪れる客も多い

おばんざい
500円〜

日替わりのおばんざいは常時約10種類。この日は「アジのしそ巻き揚げ」や「金目鯛の煮付け」など。食材の仕入れによって1皿500円ぐらいから

アジの刺身
1000円

朝獲れのアジを刺身に。値段は仕入れで変わる。

牛すじ大根
700円

やわらかい牛スジと大根の煮物。奥深い味わいだ

豚太郎

[住所]東京都目黒区目黒本町3-7-16  [TEL]03-3715-5901 [営業時間]19時半~24時 [休日]第3日 [席]カウンター16席、小上がり座敷12席、計28席/禁煙席なし/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急目黒線ほか武蔵小山駅西口から徒歩6分

電話番号 03-3715-5901
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
310views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt