MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
煮込 蔦八|コの字の中の大鍋で守られる名物煮込み(居酒屋/大森)

煮込 蔦八|コの字の中の大鍋で守られる名物煮込み(居酒屋/大森)

あの『蔦八』の煮込みが復活した。昭和45年創業の大森の名酒場が店主の高齢により閉店したのは昨春のこと。

perm_media 《画像ギャラリー》煮込 蔦八|コの字の中の大鍋で守られる名物煮込み(居酒屋/大森)の画像をチェック! navigate_next

煮込 蔦八|つたはち(最寄駅:大森駅)

惜しまれる中、存続を望んで店を引き継いだのが地元出身の土屋一史さんだ。わずか半年後に再開させ、常連客を喜ばせた。大鍋で継ぎ足しながら守る国産牛モツの煮込みはもちろん昔のまま。醤油ベースの濃厚な味で、前店主の元に通って作り方を学んだという。新たに加えたメニューは土屋さんの母の手作り。新旧の味が、常連のみならず若い客をも惹きつける。

煮込(大)玉子入
780円

右奥は国産の牛モツを使った煮込み。醤油ベースにニンニクや味噌などで味付け。

アジ南蛮漬 580円

南蛮漬けは前の店主から受け継いだ味で、まろやかな酸味

羅臼の水ダコ活〆タコブツ
580円

北海道・羅臼産の水ダコは獲れたてを浜茹でし、瞬間冷凍で直送。使い込まれた木枡で飲む酒も趣がある

煮込 蔦八

[住所]東京都大田区大森北1-35-8
[TEL]03-3761-4310
[営業時間]17時~23時(22時半LO)、日・祝17時~22時(21時半LO)
[休日]年末年始
[座席]カウンター15席、テーブル12席、計27席/分煙/予約可/カード不可/サなし、席代250円別
[アクセス]JR京浜東北線ほか大森駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3761-4310
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル