MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
煮込 蔦八|コの字の中の大鍋で守られる名物煮込み(居酒屋/大森)

煮込 蔦八|コの字の中の大鍋で守られる名物煮込み(居酒屋/大森)

あの『蔦八』の煮込みが復活した。昭和45年創業の大森の名酒場が店主の高齢により閉店したのは昨春のこと。

煮込 蔦八|つたはち(最寄駅:大森駅)

惜しまれる中、存続を望んで店を引き継いだのが地元出身の土屋一史さんだ。わずか半年後に再開させ、常連客を喜ばせた。大鍋で継ぎ足しながら守る国産牛モツの煮込みはもちろん昔のまま。醤油ベースの濃厚な味で、前店主の元に通って作り方を学んだという。新たに加えたメニューは土屋さんの母の手作り。新旧の味が、常連のみならず若い客をも惹きつける。

煮込(大)玉子入
780円

右奥は国産の牛モツを使った煮込み。醤油ベースにニンニクや味噌などで味付け。

アジ南蛮漬 580円

南蛮漬けは前の店主から受け継いだ味で、まろやかな酸味

羅臼の水ダコ活〆タコブツ
580円

北海道・羅臼産の水ダコは獲れたてを浜茹でし、瞬間冷凍で直送。使い込まれた木枡で飲む酒も趣がある

煮込 蔦八

[住所]東京都大田区大森北1-35-8
[TEL]03-3761-4310
[営業時間]17時~23時(22時半LO)、日・祝17時~22時(21時半LO)
[休日]年末年始
[座席]カウンター15席、テーブル12席、計27席/分煙/予約可/カード不可/サなし、席代250円別
[アクセス]JR京浜東北線ほか大森駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3761-4310
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
ぷりっとした西京焼きに、芳しきイワシの燻製、その他肝入りのイカ丸干し、鮭ハラスなど備長炭で焼き上げられる炙り系が多数揃う。鶏肉にも自信あり。
老舗が軒を連ね、昔ながらの面影を残す烏森神社の参道に、昨年9月新店がお目見えした。つまみは、牛スジたっぷりの煮汁が染みた自家製おでんの他に、熊本の有名店の唐揚げや北海道から届く餃子など、オーナーがリスペクトする全国のお取り寄せも並び、食のセレクトショップとしての楽しみもある。
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt