SNSで最新情報をチェック

あの『蔦八』の煮込みが復活した。昭和45年創業の大森の名酒場が店主の高齢により閉店したのは昨春のこと。

画像ギャラリー

煮込 蔦八|つたはち(最寄駅:大森駅)

惜しまれる中、存続を望んで店を引き継いだのが地元出身の土屋一史さんだ。わずか半年後に再開させ、常連客を喜ばせた。大鍋で継ぎ足しながら守る国産牛モツの煮込みはもちろん昔のまま。醤油ベースの濃厚な味で、前店主の元に通って作り方を学んだという。新たに加えたメニューは土屋さんの母の手作り。新旧の味が、常連のみならず若い客をも惹きつける。

煮込(大)玉子入

780円

アジ南蛮漬 580円

南蛮漬けは前の店主から受け継いだ味で、まろやかな酸味

羅臼の水ダコ活〆タコブツ

580円

煮込 蔦八

[住所]東京都大田区大森北1-35-8
[TEL]03-3761-4310
[営業時間]17時~23時(22時半LO)、日・祝17時~22時(21時半LO)
[休日]年末年始
[座席]カウンター15席、テーブル12席、計27席/分煙/予約可/カード不可/サなし、席代250円別
[アクセス]JR京浜東北線ほか大森駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3761-4310

2016年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...