MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
寿司孝|秘伝のヅケから大トロの希少部位まで食べ比べ(寿司/門前仲町)

寿司孝|秘伝のヅケから大トロの希少部位まで食べ比べ(寿司/門前仲町)

「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、門前仲町の「寿司孝」は約80年前に寿司屋台として創業したという老舗。天然本マグロにこだわり、大間など近海モノを中心に、夏~秋にかけて安定して脂がのるボストン産など、その時季に一番いい漁場で獲れた納得のいくものを厳選。[交]門前仲町駅1番出口から徒歩10分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》寿司孝|秘伝のヅケから大トロの希少部位まで食べ比べ(寿司/門前仲町)の画像をチェック! navigate_next

寿司孝(最寄駅:門前仲町駅)

 約80年前に寿司屋台として創業したという老舗。天然本マグロにこだわり、大間など近海モノを中心に、夏~秋にかけて安定して脂がのるボストン産など、その時季に一番いい漁場で獲れた納得のいくものを厳選。腹の部分を塊で仕入れ、赤身、中トロ、大トロ、スナズリ、カマトロなどが揃う。赤身は独特の酸味が快く、スナズリは筋までとろける濃厚さだ。「極上本まぐろづくし」は、その魅力を余すことなく楽しめる。 シャリは、ネタとの相性に合わせて2種類を使い分けることも。白身など繊細なものには米酢、マグロのように脂ののったネタは赤酢のまろやかな酸味と風味で持ち味を引き出している。

極上本まぐろづくし
時価(3000~4000円目安)※要予約

手前から時計周りに、中トロ、赤身、づけ、霜降りの希少なカマトロ、大トロの中でも特に脂がのるスナズリ。産地は仕入れにより異なるが、この日はボストン産。

芝エビの玉子焼き
500円

卵に芝エビのすり身を加え、約3時間かけて1枚ずつ焼き上げる。上品な甘さで、プリンのようにしっとり滑らかな舌触りは感動モノ。人気のため予約がベター。

おと週限定おまかせ握り
3000円 ※夜限定・要予約

左から、天然本マグロのカマトロと赤身、明石産真鯛、大葉・ショウガ・万能ネギをペースト状にした薬味でいただく鹿児島県出水産のアジ、香り豊かな赤酢のシャリとのバランスが絶妙な車エビ。日によりネタは変わる。

寿司孝

[住所]東京都江東区冬木17-10 [TEL]03-3641-0059 [営業時間]11時~14時、17時~22時、日祝11時~21時 [休日]月曜日 [座席]カウンター11席、カウンター個室8席、座敷30席 計49席/個室のみ喫煙可/カード可/予約可/サなし [アクセス]地下鉄東西線門前仲町駅1番出口から徒歩10分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3641-0059
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル