MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
駄菓子を買いに。あの懐かしの味はいまも健在(東京都内)

駄菓子を買いに。あの懐かしの味はいまも健在(東京都内)

あの頃、我々は何であんなにも駄菓子に心ときめいていたのだろう? 安さから? その味に魅力を感じていたから? 今となっては思い出せないあの空間に、あの味

perm_media 《画像ギャラリー》駄菓子を買いに。あの懐かしの味はいまも健在(東京都内)の画像をチェック! navigate_next

昭和の子供たちよ 「バアサン店」に集合だ!



昭和のあの日! 

子供たちの世界の中心には、間違いなく“駄菓子屋”があった。

なけなしの穴空き50円硬貨1枚を握りしめ、ズックで駆ける駄菓子屋までの道。

店頭には早くも見知った顔の坊主頭に坊ちゃん刈りがたむろしている。そして、その中のひとりや二人は必ず垂らしている青っ鼻!

建て付けの悪い引き戸を開けると、無秩序のように見えながら整然と並べられた商品の奥に座る老齢の女性店主。

なぜか駄菓子屋を切り盛りしているのはオバアサンが多かった。そしてそんな店をこうも呼んでいた。


「バアサン店!!」


もちろん、その呼び方には愛と夢が詰まっていた。子供たちの憧憬が散りばめられていた。

江戸時代から続く由緒ある駄菓子屋

上川口屋(最寄駅:雑司ヶ谷駅)

創業1781年。もともとは、加賀藩主・前田利常公の息女・自昌院殿が鬼子母神に寄進したことから、加賀藩御用達となった飴屋がその前身という、由緒正しい歴史を持つ駄菓子屋。現在、店を守るのは13代目の内山雅代さん。「最近は子供客が少なくなったけど、もう立派になった昔からのお客さんや外人観光客に人気で、アジア圏のお客さんも多いのよ」

爪楊枝に刺さった駄菓子は、今も人気の「きな粉アメ」。楊枝の先が赤色ならアタリでもう1個

 どこからともなく伝わってくる本日のオススメ情報。

 愛すべきサッカリン。心踊る着色料。

「ごはんだよ〜」

 夕御飯の時間を告げに親がやって来るその時間まで、子供たちはいつまでも駄菓子屋の尋常ならざる引力の虜であった。

 そんな駄菓子屋は今も健在だった。涙が出ることに“店主=バアサン(失礼!)の法則”も健在だった。

 駄菓子の似合わぬ壮年紳士が、「今日はアンコ玉1個ね」と、しゃべり口調までも昭和の時代に戻って、
10円玉を渡している。駄菓子屋は、昭和の頃の子供だった我々に、昔と何ひとつ変わらない引力を発散し続けていた。

子供にも、大人にも宝の山が下町に健在

駄菓子屋木村屋(最寄駅:千駄木駅)

駄菓子のほかボール、紙飛行機といった玩具も並ぶこの店は、1948年創業。かつては界隈に数店舗あった駄菓子屋も、今はこちらだけという。しかも「後継者もいないし、ここも私の代でおしまい」と店主・木村せつ子さんは少し寂しそうに笑う。そうなる前に、ぜひ足を運んでほしい。

紙風船やシャボン玉といったオモチャがあるのもうれしい。でも、どちらを買うか迷うことしきり





 ただしかし。平成の子供たちにとって、今や駄菓子屋は世界の中心ではなくなってしまっているのかもしれない。ゲームは子供を家に閉じ込め、コンビニでも駄菓子は売られている。

 それでも残るモノは残る。平成の現在、店も商品もその数は決して多くはないが、残していかねばならない。



昭和の子供たちよ。駄菓子屋の世界へ足を踏み入れ、虜になるべき時は今なのだ!



※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル