MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
上川口屋|江戸時代から続く由緒ある駄菓子屋(駄菓子/雑司ヶ谷)

上川口屋|江戸時代から続く由緒ある駄菓子屋(駄菓子/雑司ヶ谷)

創業1781年の「上川口屋」はもともとは、加賀藩主・前田利常公の息女・自昌院殿が鬼子母神に寄進したことから、加賀藩御用達となった飴屋がその前身という、由緒正しい歴史を持つ駄菓子屋。[交]地下鉄雑司ヶ谷駅から徒歩4分

perm_media 《画像ギャラリー》上川口屋|江戸時代から続く由緒ある駄菓子屋(駄菓子/雑司ヶ谷)の画像をチェック! navigate_next

上川口屋(最寄駅:雑司ヶ谷駅)

創業1781年。もともとは、加賀藩主・前田利常公の息女・自昌院殿が鬼子母神に寄進したことから、加賀藩御用達となった飴屋がその前身という、由緒正しい歴史を持つ駄菓子屋。現在、店を守るのは13代目の内山雅代さん。「最近は子供客が少なくなったけど、もう立派になった昔からのお客さんや外人観光客に人気で、アジア圏のお客さんも多いのよ」

色とりどりの駄菓子が詰まった木枠のケースや、フタ付き容器が懐かしい。洗濯物ハンガーの活用もいい味

右下の写真の爪楊枝に刺さった駄菓子は、今も人気の「きな粉アメ」。楊枝の先が赤色ならアタリでもう1個

上川口屋

東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20(鬼子母神境内) [営]10時〜17時 [休]雨・雪・台風などの日 [交]地下鉄雑司ヶ谷駅から徒歩4分

2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
モデル兼料理家でもある浅野美奈弥さんが、自粛期間中にテイクアウトのお弁当を販売。内容は日替わりだが、どれも栄養バランスに富み、やさしい味わいで美味。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
どうです、この鮮やかさ! 予約の取れないマグロ料理専門店のチラシ弁当は、容器の竹かごまで美しい。
世界中から厳選されたワインのほか、ワインを楽しむためのおつまみやグッズなどあらゆるものが勢揃いするお店。ワインパーティーに必要なものがここですべて揃うほどの充実ぶりだ。
国内ナンバーワンシェアを誇るデリバリーピザチェーンのドミノ・ピザが、ご飯とピザをひと皿で味わえる「ピザライスボウル」シリーズの第2弾を発売しました。9月から新に加わったテイストは、「北海道3(スリー)チーズ」と「明太マヨモチ」の2種類。「洋」でありながら「和」を一層意識させるメニューは、さらに日本人の心と胃袋をがっちりつかめるのか、そのお味は?
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル