MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ビストロ割烹 酒場留|和食とワインの新しいペアリングを楽しみたい(ワインバー/江古田)

ビストロ割烹 酒場留|和食とワインの新しいペアリングを楽しみたい(ワインバー/江古田)

20代をソムリエとしてワインに従事し、30代は和の料理人として腕を磨いた店主が、自身の店を開くにあたり選択したのが「ビストロ割烹」という新ジャンル。例えば、ダシで炊いた里芋にフォアグラを乗せて焼き上げたり、牛スネ肉をトマトソースではなく江戸甘味噌で煮込んだりと、素材の美味しさを生かす和食をベースに、ワインとの相性を考えたコクのある料理にして提供する。

ビストロ割烹 酒場留(最寄駅:江古田駅・新桜台駅)

それに合わせるワインはグラスで518円均一、ボトルも2052円~とリーズナブルかつ、味わい深く料理と実によく合うものが約60種。開店当初は日本酒を飲むお客も多くいたそうだが、現在ではワイン派が圧倒的とのこと。味、価格、和やかな店の雰囲気……すべてにおいて満足させてくれる店だ。

骨付き仔牛すね肉の江戸甘味噌煮込み
1620円

ゼラチン質の多い部位を塩分の少ない江戸甘味噌で仕上げることで、さっぱりかつコクあるひと品に

茶碗蒸し トリュフ香る馬鈴薯餡がけ
324円

小林養鶏農園の「七国峠たまご」を使用した茶碗蒸し。トリュフの入った馬鈴薯のとろりとした餡が、鳥ダシの茶碗蒸しに風味とコクをプラス

翡翠冬瓜とトマト重ね湯葉の冷製
626円

季節の野菜を上品なダシで炊いた焚き合わせ。すっきりとした白を合わせたい

三崎マグロハラミの青海苔焼き
1026円

卵黄と太白ごま油を乳化させた地に青のりとネギを加えたソースをマグロにのせ焼く。マグロの旨みと青のりの風味が絶妙

鯛カマの大吟醸粕漬け
734円

香ばしく焼かれた鯛のカマも白ワインによく合う。風味豊かな大吟醸の酒粕床から手作りし、この価格を実現

リュットレゾネ ノルドボーテ ピノノワール(赤)
ボトル2052円

果実感がしっかりとありながら、重すぎない赤ワインが味噌の風味、肉の旨み、味わいなどによく合う。写真のワインはブルゴーニュの生産者が、フランスのコルシカ島で減農薬栽培のブドウで造ったワイン。

ビストロ割烹 酒場留

[住所]東京都練馬区栄町25-14 [TEL]03-6914-5322 [営業時間]17時半~24時(23時15分LO) [休日]火 [席]4席×5卓、2席×1卓、カウンタ-3席 計25席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]西武池袋線江古田駅北口出口から徒歩5分、地下鉄西武有楽町線新桜台駅2番出口から徒歩2分 

電話番号 03-6914-5322
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
創業から130年を経た『明治屋』が、昨年末に開業した新たな商業施設「京橋エドグラン」に、その長い歴史で初めてとなる直営ワインバーを出店した。4台の異なる温度帯のセラーでコンディションを徹底管理されたボトルは、フランス産を中心に約100種類。
中野エリアのワインバー「ワイン蔵 BANKAN」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。和の雰囲気の中で、真心あふれる料理と日本ワインを堪能するならここ。BANKAN=万感。日本ワインの魅力をもっと知ってもらいたい。
下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。住宅街にオープンした地元密着型ワイナリー。都内で醸造タンクを眺めながらワインが飲める希少なスペースだ。
自慢のワインはボトル200種類以上、グラスも約15種類という品揃え。グラスだけでなく、デカンタにも3種セット(6600円)があるのがユニークだ。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt