MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)

味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)

JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

味坊(最寄駅:神田駅)

「ウチは中国の中でも東北地方の料理が中心。羊肉を使う料理も多いからワインに合うでしょ」とはオーナーの梁さん。特にオススメなのが炭火で炙ってから一味唐辛子やクミンなどのスパイスをたっぷりまとわせた「ラム肉の串焼き」だ。ジューシーなラムのコクと香辛料の爽やかな香りで、コップに注がれたワインがグイグイすすむ。今では7~8割の客が紹興酒よりもワインを選ぶとか。値段も基本的にボトル1本2700円とリーズナブル。庶民的な雰囲気で気軽にワイワイ楽しめる1軒だ。※ランチタイム有

ラム肉の串焼き(10本)
1944円

ジューシーなラム肉はオーストラリア産。クミンの爽やかな香りがラム肉の旨みをあますところなく引き立てている。ぜひ赤ワインとあわせて味わいたい

梁さんおすすめワインプレート
1404円

日替わりで、この日は塩漬け玉子、鶏肉と押し豆腐の燻製、ハチノスとラム肉の醤油煮込みなど。どれもあっさりとしているので、白ワインにもピッタリ

押し豆腐の冷菜
864円

幅広い麺状の押し豆腐を、ゴマ油を利かせたタレでさっと和えた冷菜。香菜とネギの香りが鮮やかに立ち上る

デスクランブ シャトー・ルネッサンス(赤)
ボトル 2700円

フランス、ボルドー産の自然派ワイン。果実味をいかしたまろやかでエレガントな味。ミディアム~フルボディでキメの細かいタンニンが後味を引き締める。茶目っ気たっぷりのエチケットも必見だ。

味坊

■『味坊(あじぼう)』
[住所]東京都千代田区鍛冶町2-11-20
[TEL]03-5296-3386
[営業時間]11時〜14時半、17時〜23時(22時半LO)、日曜日・祝日は15時〜21時(20時半LO)
[休日]無休
[座席]テーブル90席 計90席/禁煙席あり/予約可/カード可/サなし
[アクセス]JR山手線神田駅東口から徒歩2分

電話番号 03-5296-3386
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
新幹線が止まるターミナル駅ながら、駅ビルにビックカメラや高島屋があるなど、実は生活に密着し、機能的な新横浜。そこで、横浜土産といえば、やっぱりコレ! なテイクアウトできる全焼売を食べ比べてみた。
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
「食神 餃子王」ではポピュラーな中華から、四川、広東、台湾などの通好みな料理までメニューに並び、590円の定食でもゴハンが1回お替り無料なありがたい店。完食者わずか3名という『ジャンボ油淋鶏』はメニューには載ってないが、いつでも注文可能!
最新記事
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
店主は、大行列のつけめん専門店『六厘舎』を長きにわたって支えた功労者。2016年に埼玉県三郷市で開業した店舗を北千住に移し、自慢のつけめんをさらにブラッシュアップさせた。
丼の中に佇むのは、麺とスープ、そしてネギ。いたってシンプルな構成ながら、そこにはこだわり抜き、手間暇かけて作り上げたという自信が潜む。潔き“素ラーメン”こそ、ラーメンの美味しさを堪能させる究極のスタイルなのだ!
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル