MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
アベス|肉厚のサバに垂涎技ありのスペシャリテ(フレンチ/恵比寿)

アベス|肉厚のサバに垂涎技ありのスペシャリテ(フレンチ/恵比寿)

一歩入ればそこはまるでパリのビストロ。手作りのクラシカルな内装の空間に身をゆだね、まずはスペシャリテの「真サバのマリネ」から始めよう。

Abbesses|アベス(最寄駅:恵比寿駅)

それは見るからにアートなひと皿。フランス各地で修業した店主がパリ時代に感動した師匠の味をベースにしたもので、フレンチの技法で程よく〆たサバは肉厚で繊細。まろやかな酸味と旨みの余韻に思わず頬が緩んでしまう。それともうひとつ、これからの季節なら「サンマのジャガイモ包み焼き」も外せない。脂がのった身で、燻製にしたジャガイモのニョッキを包み、それに大根ソースを合わせるというセンスと技には感服だ。ワインはすべてフランス産。約40種あり、地方や味わいのバリエーション豊かにセレクトしている。※ランチタイム有

真サバのマリネ
1800円

サバは築地から新鮮で肉厚なものを毎日仕入れている。この日は長崎産。塩漬けした後に8時間ほどマリネ液に漬けて味をふくませ、しっとりやさしい酸味に。大葉とネギをあしらい、大根のマリネと共に味わう

フォアグラのソテーと牡蠣のピラフ
2600円

フォアグラのソテーを惜しげもなくのせた人気のひと品。オーダーがあってから鶏のダシで炊くピラフは牡蠣のエキスもたっぷり入る。濃厚なコクがヤミツキになる味わいだ

サンマのジャガイモ包み焼き
1600円

秋のメニュー。ジャガイモのニョッキとドライトマトをサンマの身で包み、一度蒸してから仕上げにフライパンで皮をパリッと焼いて仕上げる。爽やかな大根のソースが絶妙に合う

ドメーヌ・モーリスシュッヒ (白)
ボトル4800円

サバなど青魚独特の香りと味わいがある食材には、キレが良くてスッキリした白を選ぶのがベター。写真はフランス産で、やさしい果実味もあり、サバの旨みを引き立てながら、心地よく飲める。

アベス

東京都渋谷区恵比寿1-26-17阿部ビル2階 ☎03-5424-2666 [営]12時~14時半(13時半LO)、18時~24時(22時半LO)、土・祝12時~15時半(13時半LO ※ディナーメニューによる営業)、18時~23時(21時半LO) [休]日(月1回連休あり) [席]テーブル28席、計28席/全席禁煙/予約可(平日昼以外)/カード可/サなし、テーブルチャージ500円別 [交]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩7分

電話番号 03-5424-2666
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!
2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt