SNSで最新情報をチェック

一歩入ればそこはまるでパリのビストロ。手作りのクラシカルな内装の空間に身をゆだね、まずはスペシャリテの「真サバのマリネ」から始めよう。

画像ギャラリー

Abbesses|アベス(最寄駅:恵比寿駅)

それは見るからにアートなひと皿。フランス各地で修業した店主がパリ時代に感動した師匠の味をベースにしたもので、フレンチの技法で程よく〆たサバは肉厚で繊細。まろやかな酸味と旨みの余韻に思わず頬が緩んでしまう。それともうひとつ、これからの季節なら「サンマのジャガイモ包み焼き」も外せない。脂がのった身で、燻製にしたジャガイモのニョッキを包み、それに大根ソースを合わせるというセンスと技には感服だ。ワインはすべてフランス産。約40種あり、地方や味わいのバリエーション豊かにセレクトしている。※ランチタイム有

真サバのマリネ

1800円

フォアグラのソテーと牡蠣のピラフ

2600円

サンマのジャガイモ包み焼き

1600円

ドメーヌ・モーリスシュッヒ (白)

ボトル4800円

アベス

電話番号 03-5424-2666

2016年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...