MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(7) 名古屋人による名古屋人のための居酒屋『やぶ屋』のアレンジ系名古屋めし

名古屋エリア限定グルメ情報(7) 名古屋人による名古屋人のための居酒屋『やぶ屋』のアレンジ系名古屋めし

名古屋発の外食チェーンは意外と多いが、どのチェーンも用意している名古屋めしは万民ウケを狙ったものばかり。  しかし、名古屋人オーナーが名古屋人のために名古屋めしを食べさせてくれる居酒屋チェーンがある……。最近、私はここの味と安さにズブズブにハマっている(笑)。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(7) 名古屋人による名古屋人のための居酒屋『やぶ屋』のアレンジ系名古屋めしの画像をチェック! navigate_next

名古屋人による名古屋人のための居酒屋『やぶ屋』のアレンジ系名古屋めし/名古屋エリア限定グルメ情報(7)

『カレーハウスCoCo壱番屋』や『コメダ珈琲店』、『木曽路』など名古屋発の外食チェーンは意外と多い。

 とはいえ、どのチェーンも用意している名古屋めしは万民ウケを狙ったものばかり。全国展開するにあたって、過度な名古屋らしさは不要なのだろう。

 しかし、名古屋人オーナーが名古屋人のために名古屋めしを食べさせてくれる居酒屋チェーンがある。1994年に今池で創業した『やぶ屋』がそれだ。


 最近、私はここの味と安さにズブズブにハマっている(笑)。



 大須商店街の外れにある『やぶ屋 大須店』は、2002年にオープン。昼12時(水曜のみ17時)から営業しているので、大須へ買い物に来たついでに昼飲みも楽しめる。


 客の大半が注文するのが、豆味噌をベースとした甘辛い味噌ダレに絡めて七輪で焼き上げる名物の「味噌とんちゃん」(並盛・600円)。

 味噌の焦げる香りが食欲をそそられる。全体的にほどよく焦げ目がついたころが食べ時。
 ハフハフしながら口へ運ぶと、味噌のコクと脂の甘みが一つになって、ジュワッと広がる! お酒のアテにもイイが、オン・ザ・ライスで食べたい衝動に駆られる。



 味噌とんちゃんは、名古屋で昔から食べられてた、いわばソウルフード。しかし、なぜか名古屋めしの一つに数えられることがなく、昔ながらの専門店は後継者がいなくて廃業する店も多いらしい。


「このままでは味噌とんちゃんそのものがなくなってしまうと思って、メニューに採り入れたんです。ウチの味噌とんちゃんは、三河豚の小腸や大腸、胃、小袋などミックスになりますから、さまざまな味と食感が楽しめます」と、話すのは、やぶ屋グループ・社長の横瀬武夫さん。

 このように、外食チェーンではあるものの、社長が視線を向けているのは、全国よりも地元なのだ。



 ここの名古屋めしは。ど真ん中の王道メニューではなく、ややヒネリが入ったものが多い。

 たとえば、この「名古屋あんかけトンカツ卵よせ鉄板焼」(630円)。

 味付けは「あんかけスパ」に使うピリ辛のソース。これがフワフワの卵とトンカツにやたらとよく合う。

「僕の行きつけのあんかけスパ屋さんに卵でとじたトンカツをのせた『卵よせ』というメニューがあるんです。ここから麺を抜いたら、お酒に合うだろうなと思って(笑)。熱々の鉄板で提供することで、より名古屋らしくしました」(横瀬さん)


 お酒の〆にオススメなのは、「台湾まぜそば」をアレンジした「台湾まぜきしめん」(690円)。

 栄にある人気ラーメン店『ちょもらん麺』と共同開発したコラボメニューだ。それだけに、巷の居酒屋で食べる〆麺とはレベルが違いすぎる。
 中華麺よりもむしろ幅広のきしめんの方がピリ辛の台湾ミンチがよく絡むのだ。これは名古屋めしを食べ慣れた地元の人も唸るほどの旨さ!


『やぶ屋』は、県内に13店舗展開するほか、2003年には東京にも進出。

 現在は港区赤坂の溜池山王店と港区六本木の六本木6丁目店の2店舗ある。関東在住の方もぜひ足を運び、名古屋めしの奥深さを感じてほしい。





■やぶ屋 大須店
[住所]愛知県名古屋市中区大須3-46-3
[TEL]052-238-1828
[営業時間]12:00~翌5:00(水曜のみ17:00~翌5:00)
[休日]無
[アクセス]地下鉄名城線ほか上前津駅9番出口から徒歩1分





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル