MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
注目キッチンアイテム・レポート(6) パナソニック 食器洗い乾燥機  今や必需品の域!? 進化著しい食洗機

注目キッチンアイテム・レポート(6) パナソニック 食器洗い乾燥機  今や必需品の域!? 進化著しい食洗機

パナソニックから11月に発売される食器洗い乾燥機NP-TH1は、従来のデザインを見直し、庫内容量を16%アップ。昨年発売されたNP-TR9の43ℓに対し、50ℓに拡張。その使い勝手も進化しているのだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》注目キッチンアイテム・レポート(6) パナソニック 食器洗い乾燥機  今や必需品の域!? 進化著しい食洗機の画像をチェック! navigate_next

パナソニック 食器洗い乾燥機NP-TH1 今や必需品の域!?     進化著しい食洗機

住宅展示場や分譲マンションのモデルルームのシステムキッチンに備え付けられた「食洗機」。

それをみるにつけ、電子レンジや冷蔵庫と同じように必需品的位置づけになったのだな、と感じている。
いわゆる「ながら作業」のできるアイテムだけに、手間を省く、余暇を生むといったところにメリットがある。

たとえば、食事をしながら、調理に使用したまな板、鍋といった器具を洗浄・乾燥し、食後団らんを楽しんでいる間に、食器を洗うといった具合だ。

食洗機があれば、ホームドラマの1台詞のような「片付かないから早く食事を済ませてね」的なことはなくなってしまうかもしれない。


住環境にもやさいしい静音設計は注目!

ところで、食洗機を使うに当たって、気になるのが、その動作音だ。

モーターの回る音やシャワーの音などが結構耳障りだ。
読書の邪魔になる、テレビの音量を上げなければならないなどの声もよく耳にする。

しかし、昨今の卓上モデルではそうした問題も解消。

特にNP-TH1は動作音37~39dbと40db以下(大体人のささやき声程度)。

環境省の定める住宅地での騒音基準数値日中55db以下、夜間45db以下を下回る静穏さなのだ。
これなら深夜使用しても隣人を気にすることはないし、読書やテレビの妨げにもならない。住環境に優しい製品といえるだろう。


節水もできてしかも清潔仕上がりの逸品

高い水温、高圧水流、専用洗剤で洗浄するから手洗いよりもきれいに仕上がる。
しかも洗浄後除菌乾燥も行ってくれると、至れり尽くせり。

あとは、食器棚にしまうだけのユーザー思い。しかも節水も行える。

手洗いであれば水を流しながらで意外に使う。

パナソニック調べでは食器6人分でおよそ84ℓ。

それがこの食洗機ならば、およそ1/8程度の11ℓですむ。

少ない水をためて、噴水のように循環して洗うことで実現したエコ機能だ。

さらに洗浄コースも標準を始め、スピーディ、パワフルなど多様にそろえられているから、洗うものの量や汚れの度合いに合わせてコース選択できるのも魅力。


家事の軽減や時間捻出を考えるなら、1台導入するものおすすめだ。


カラーバリエーションはホワイトのほか、ブラウンとベージュが用意されている。



庫内には2段の洗いかごが用意されている。
庫内の凸凹を抑えて容量をアップしながら、メンテナンスも簡単にできるように設計されている。



4人家族の食器なら十分に収容できるうえ、箸や包丁などを立てるバスケットなども備えている。
収納力がアップしているから片手鍋なども納められる。


パナソニック 卓上型食器洗浄乾燥機 NP-TH1
価格:オープンプライス(11月1日発売予定)
問い合わせ先:パナソニック家事商品 ご相談窓口 ☎0120-878-691




櫻井克彦(さくらいかつひこ)
 オーディオ専門誌やグッズ雑誌などで活躍する大人ライター。とくに家電に対する情報に強く、(決して得意ではないが…)料理の腕もそこそこ?

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
 2004年に誕生した「ヘルシオ」は、300度以上に加熱した水蒸気で調理する家庭用ウォーターオーブンだ。代を重ねるごとに進化し、今夏発売された第14世代目のXW400は、食材表面に短時間で焦げ目をつけることができる「あぶり焼き機能」を搭載……。
内釜に伝統工芸品として名高い南部鉄器を使用する贅沢な逸品、極め炊きシリーズの最新モデルNW-A10が発売された。
 すき焼き鍋やダッチオーブンなどに使われる鉄鋳物。従来のものは厚みが4〜5mmもあり、分厚くて重く、普段の料理では扱いづらい素材だった。ところがこの魔法のフライパンは、鉄鋳物でありながら厚みはわずか1.5mmなのだ!
 高知県の竹虎は、創業明治27年。すでに120年以上の歴史をもつ竹材専業メーカーで、キッチン用品からインテリアまで幅広く手がける同社の人気アイテムが、大根おろしの鬼おろしだ。鋭く並んだ竹の刃が“鬼の歯”を連想させることから、この名で呼ばれている。
“鍛冶の町”として知られる新潟県三条市で昭和23年に創業した包丁工房タダフサ。職人のハンドメイドによる本格派がそろう包丁のなかでも、とくに評判なのが、切れ味抜群のパン切り包丁だ。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル