MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[鮨 ほり川] 世田谷代田に野菜をネタにした寿司を出す店(寿司/世田谷代田)

[鮨 ほり川] 世田谷代田に野菜をネタにした寿司を出す店(寿司/世田谷代田)

[鮨 ほり川] のグルメ記事と写真のページ。野菜をネタにした寿司を出す店があると聞き、野菜好きとして大いに胸を高鳴らせ訪問した。ネタケースには京都産の万願寺唐辛子やミズナなどの野菜、果物が鎮座する。

perm_media 《画像ギャラリー》[鮨 ほり川] 世田谷代田に野菜をネタにした寿司を出す店(寿司/世田谷代田)の画像をチェック! navigate_next

鮨 ほり川(最寄駅:世田谷代田駅)

ショーケースに野菜や果物がズラリベジタブルなお寿司

えっ、これがお寿司になるの? まず大将に差し出されたのは、ツブ貝やミンククジラなど、酒飲みの心を揺さぶる美しいつまみが並ぶ木箱。前菜として、生や漬物にされたたっぷりの野菜も登場。 一献傾けながら、魚の寿司や熱々の鍋などをいただきつつ、アイデア満載の野菜の寿司をつまむ。魚、野菜、果物という、日本が誇る旬の美味をひと通りいただいて、平均ひとり1万円ほどの客単価。魚だけでない、四季折々の楽しみも多い店なのだ。

えんがわとまと
350円

青万願寺・赤万願寺
各200円

とまととうふなべ
1600円

鮨 ほり川

東京都世田谷区代田1-46-3 フェニックスマンション1階 ☎03-3413-8776 [営]18時~24時(22時半LO)、土・日・祝17時~24時(22時半LO) [休]水

電話番号 03-3413-8776
2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル