MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
今日のランチは仲御徒町!天正の天丼|見よ! このど迫力の穴子天。

今日のランチは仲御徒町!天正の天丼|見よ! このど迫力の穴子天。

天正の天丼(てんぷら/仲御徒町)は、ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ。先々代はうなぎ屋で、昭和30年から続くこちらのウリは穴子。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》今日のランチは仲御徒町!天正の天丼|見よ! このど迫力の穴子天。の画像をチェック! navigate_next

天正(最寄駅:仲御徒町駅)

中でも限定5食、特大の江戸前だ。もちろん見た目だけじゃない。毎朝仕入れる朝〆の活き穴子は、肉厚でふっくら。サクサクの衣、サラっとした油で揚げられたやさしい味の穴子に、ちょっと甘めのタレが絶妙な相性でたまらない。一度食べたらクセになること間違いなし。

江戸前あなご天丼
1200円

天正

■『天正』
[住所]東京都台東区台東3-8-8
[TEL]03-3831-9553
[営業時間]11時〜13時半、17時半〜22時(21時LO)
[休日]日曜日・祝日(土曜日は昼のみ営業)
[座席]テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/夜のみお通し300円
[アクセス]地下鉄日比谷線仲御徒町駅A2出口から徒歩4分

電話番号 03-3831-9553

天正の記事

2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
割り箸袋には、今はなき旧地名「洲崎」の文字。創業明治29年(1896)、
5代続く店ではカツオ節だけで毎日たっぷりのダシをとる。
つゆがひたひたに染みた、蕎麦屋のカツ丼。熱々の湯気からは、食欲を刺激してやまない甘く芳醇な香りが。町の蕎麦屋には必ずある“脇役の主役”に注目!
秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階
大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル