MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[銀座 ハンバーグランチ] ベスト9選!ランチ激戦区 銀座で探し出しました!

[銀座 ハンバーグランチ] ベスト9選!ランチ激戦区 銀座で探し出しました!

ここ近年オープンの新店を中心に、ランチの激戦区、銀座で探し出しました!!ハンバーグの老舗や有名店が多くある銀座だが、知られざる“新勢力”が続々と誕生している様子。味やコスパを徹底ジャッジして選んだ、「いま行くべき店」はこちら!

perm_media 《画像ギャラリー》[銀座 ハンバーグランチ] ベスト9選!ランチ激戦区 銀座で探し出しました!の画像をチェック! navigate_next

【1位】ル・ヴァン ドゥ

牛・鴨・豚のハンバーグ 赤ワインデミグラスソース ポーチドエッグ添え 1000円(昼限定20食)

牛・鴨・豚を3対4対3の割合で配合。ポーチドエッグとマッシュポテトも名脇役!

東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング地下1階 [TEL]03-6263-0955 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~23時半(22時LO)、土・祝のディナーは17時半~ ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンター3席、テーブル40席、計43席/カウンター席のみ喫煙可/予約可(昼は1680円以上のコース注文時なら可)/夜のみカード可/チャージ540円別、サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅C8出口から徒歩1分

【2位】ビストロ石川亭 銀座ベルビア館店

牛、豚、キャベツのハンバーグデミグラスソース+前菜・パン・コーヒー 1150円

腹ペコで頼みたい超太っ腹ランチ!
30gの肉塊の下には、マッシュポテトとほうれん草ソテーがたっぷり。パテに生のまま混ぜ込まれたキャベツの食感が、密度の高い挽き肉と調和している。まろやかなデミソースはハチミツが隠し味。

セット内容
前菜は4~5種類から選べる。パンはお代わり自由

[住所]東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館8階 [TEL]03-6228-6377 [営]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO) [休]不定休(施設に準ずる) [席]カウンター8席、テーブル24席、計32席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅C8、C9出口から徒歩3分

【3位】醍醐 銀座店

ジュージューA5バーグセット+サラダ・スープ・ライス 1080円(※平日限定15食)

A5和牛の実力をアツアツの鉄板で!
低温をキープして丁寧にパテを捏ねることで、牛100%でもパサつきは一切なし。口に入れると、和牛特有の濃厚な肉汁があふれ出す。大葉の風味も後を引き、みずみずしいトマトソースと相性抜群だ。

セット内容
新潟魚沼産のご飯はお代わり可。ボリューム満点のサラダも評判

[住所]東京都中央区銀座5-5-11 塚本不動産ビル7階 [TEL]03-6280-6188 [営]11時半~14時LO(土・日・祝14時半LO)、17時~23時15分(日・祝~22時) [休]無休 [席]テーブル12席、半個室テーブル36席、計48席/昼は禁煙席あり/昼は5400円以上からカード可/予約可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B3出口から徒歩1分

【4位】【閉店】銀座みやけ家

おかやま備前豚100%の手作りハンバーグ卵、ソーセージ添え 特製ソース 800円(※限定20食)

ワンプレートに込めた銀座の良心ハンバーグランチ!
岡山県産の備前豚は、後味の軽いすっきりとした旨みが特徴。ふっくら焼きあげたハンバーグに絡む、醤油と大根おろしのソースも自慢だ。ウインナーやナポリタンなど、家庭的な付け合わせも嬉しい。

セット内容
味噌汁は+50円、コーヒーほかドリンクは+200円で付けられる

[住所]東京都中央区銀座4-10-1 銀座AZAビル2階 [TEL]03-3547-3756 [営]11時45分~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時半LO) [休]日・祝 [席]テーブル24席、計24席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅A8出口からすぐ、地下鉄銀座線ほか銀座駅A13出口から徒歩3分

【5位】【閉店】牛の割烹 葉山

葉山牛ハンバーグ+小鉢・煮物・サラダ・ご飯・味噌汁 1500円(※限定5食)

“幻”ブランド牛の美味しさがギュウッ!
年間160頭程しか出荷されない葉山牛の赤身だけを使うハンバーグ。まずはソースをつけずにぜひ。肉の濃い旨み、上品な甘みに驚かされる。肉汁が残るフライパンで炒めた、長ネギのトッピングも名脇役。

セット内容
季節の煮物や小鉢、サラダなど。ご飯と味噌汁はお代わり自由

[住所]東京都中央区銀座4-10-14 ネオパイン銀座410地下1階 [TEL]03-6278-7757 [営]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時(22時LO)  [休]日・祝 [休]カウンター6席、テーブル2席×2卓、4席×4卓、計26席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅A2出口から徒歩1分、地下鉄銀座線ほか銀座駅A6出口から徒歩3分

【6位】【改装中】ステーキバル RYO

ハンバーグランチ(シングル)+ライス・サラダ・スープ 950円

専用庫で40日間寝かせた熟成肉を使用。噛むほどに熟成肉ならではのコク深い肉汁が広がる。ソースはトマト、デミグラス、おろしポン酢。2個入りの「ダブル」(1600円)も人気。夜も単品注文できる。

[住所]東京都中央区銀座3-14-5 銀座Jビル1階 [TEL]03-6278-8401 [営]11時半~15時(土・祝は休)、17時半~23時半 [休]日 [交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅5番出口から徒歩3分

【7位】デリリウムカフェ GINZA

白金豚と国産牛のココット煮ハンバーグ+パンビュッフェ・アミューズ 1080円

パンパンに膨れたハンバーグにナイフを入れると、驚く量の肉汁がジュワー! 野菜やスジ肉でダシをとったスープと、白金豚のあっさりとした旨みが溶けあう。ビュッフェ式のバゲットや酵母パンも評判だ。

[住所]東京都中央区銀座5-9-5 チアーズ銀座1階 [TEL]03-6228-5617 [営]月17時~23時半、火11時半~23時半(水・木~24時、金~翌2時)、土12時~23時半(日・祝~23時) [休]無休 [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A5出口から徒歩3分

【8位】37 QUALITY MEATS

37QMオリジナルハンバーグステーキ グレービーソース+パン・ドリンク 1944円

極粗挽きのハンバーグは、まるでステーキのような肉々しい歯応え。+100円で選べるサラダもぜひ頼みたい。銀座の街を見下ろす眺めや接客も上質。

[住所]東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE GINZA9階 [TEL]03-5524-0137 [営]11時半~15時半(土・日・祝~16時)、17時半~23時 [休]無休 [交]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅5番出口から直結

【9位】モッタ・ポルテーニョ 銀座店

スペイン風ハンバーグステーキ“アルボンディガス”+前菜・パン・オーガニックティー・スープ 1512円

欧州や南米などの多国籍料理が楽しめる。「アルボンディガス」とは粗く叩いた牛肉にスパイスやハーブを加え、俵状にまとめて焼き上げる名物。ワインビネガーの酸味やニンニクの風味がクセになる。

[住所]東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座10階 [TEL]03-6264-5277 [営]11時~23時(ランチタイム~17時) [休]不定休(施設に準ずる) [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅C2、C3出口から徒歩1分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル