MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ル・ヴァン ドゥ|ひと味違う絶品ハンバーグ3種の肉のバランスがお見事!(ハンバーグ/銀座)

ル・ヴァン ドゥ|ひと味違う絶品ハンバーグ3種の肉のバランスがお見事!(ハンバーグ/銀座)

 何がいいって、美しい楕円形の肉にポーチドエッグを添えたこのビジュアル。頬張れば牛・鴨・豚の3種を使ったパンチのある旨さに悶絶!

ル・ヴァン ドゥ(最寄駅:銀座駅)

 そんな絶品ハンバーグをランチ限定で味わえるのが銀座のビストロ『ル・ヴァン ドゥ』だ。程よい野性味は鴨肉を全体の4割ほど配合しているから。それに赤ワインと牛スジのダシで仕込んだデミグラスソースが絶妙に寄り添い、唯一無二の味なのだ。夜は迫力満点のステーキやジビエ料理をぜひ。

牛・鴨・豚のハンバーグ 赤ワインデミグラスソース ポーチドエッグ添え
1000円(昼限定20食)

牛・鴨・豚を3対4対3の割合で配合。ポーチドエッグとマッシュポテトも名脇役

45日間熟成牛ロース肉ステーキ
100g2138円(注文は200g~、1日限定600g)

赤身の旨みを味わえる函館産大沼牛。骨付きで45日間熟成させた肉はナッツ香の奥深い味わい

ル・ヴァン ドゥ

東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング地下1階 [TEL]03-6263-0955 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~23時半(22時LO)、土・祝のディナーは17時半~ ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンター3席、テーブル40席、計43席/カウンター席のみ喫煙可/予約可(昼は1680円以上のコース注文時なら可)/夜のみカード可/チャージ540円別、サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅C8出口から徒歩1分

電話番号 03-6263-0955
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7530views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt