MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「梅佶」の「うなぎ押し寿司」(うなぎ/三軒茶屋)

「梅佶」の「うなぎ押し寿司」(うなぎ/三軒茶屋)

おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「梅佶」の「うなぎ押し寿司」。うなぎがふんわりとしているのは、オーダー後に生から焼くため。間に挟まれているシソと山ゴボウの香り、シャリに混ぜられたゴマの風味がバランス良く、やみつきになるひと品。[交]東急田園都市線・世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩10分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》「梅佶」の「うなぎ押し寿司」(うなぎ/三軒茶屋)の画像をチェック! navigate_next

梅佶(最寄駅:三軒茶屋駅)

 上質な脂ののりと柔らかな身が特徴の三河産うなぎにこだわる店。住宅地に位置し、近隣住民が集う憩いの場となっている。自慢の刺身などメニュー数が豊富で、手作り料理に舌鼓を打ち、うなぎで締める客も多い。うなぎ料理は、注文から40分ほどかかるため、事前の予約もおすすめだ。

うなぎ押し寿司
3500円※平日限定

うなぎがふんわりとしているのは、オーダー後に生から焼くため。間に挟まれているシソと山ゴボウの香り、シャリに混ぜられたゴマの風味がバランス良く、やみつきになるひと品。

梅佶

■『梅佶(うめきち)』
[住所]東京都世田谷区三軒茶屋1-1-1
[TEL]03-3795-4141
[営業時間]11時半〜13時半、17時~23時(22時LO)、日・祝17時~23時(22時LO)
[休日]水曜日
[交通アクセス]東急田園都市線・世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩10分

電話番号 03-3795-4141
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日光例幣使街道沿いに店を構えて200年以上の老舗。ここで6~11月頃にいただけるのが利根川で獲れる天然の「江戸後ろ鰻」だ。
約220年前、江戸後期・文化文政時代に始まった老舗のうなぎ専門店。『前川』の屋号のとおり、創業時は大川(江戸期の隅田川)に面し、お客も舟で通っていた。
毎年のようにテレビで流れる“ウナギが超高騰!”のニュースはどこ吹く風。なんとワンコインからうな丼が食べられる、新橋ビジネスマン感涙の店。
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
ピークより少し落ちてきたかもしれないですが、まだまだ人気の漫画『鬼滅の刃』。鬼と聞いておと週編集部が思い浮かんだのは、あのお酒。少々強引かもしれませんが、あのお酒の本当に旨い飲み方を開発してみました。
2020年、デパ地下で一番の売れ筋スイーツは何なのか? 12の百貨店にヒアリング。結果は洋菓子が圧倒的な人気! いつものおやつをちょっと贅沢に。その期待に応える商品が揃っています。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
生キクラゲやしめじ、トラマキダケなど6種類のキノコと豚バラ肉を具材にした特製の火鍋。スープには鶏ガラに花椒や丁字、八角、四川唐辛子など15種類ものスパイスがオリジナルブレンドで加えられ、体の奥をじんわりと温める旨辛さ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル