MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(10) ツルの町で「いずみステーキ親子ごはん」(肥薩おれんじ鉄道・九州新幹線)/2015年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(10) ツルの町で「いずみステーキ親子ごはん」(肥薩おれんじ鉄道・九州新幹線)/2015年撮影

1万羽を越えるツルの飛来地として有名な鹿児島県の出水(いずみ)。ここの名物料理が「いずみステーキ親子ごはん」。もちろんツル料理ではなくて、地元名産の鶏を使っています。美味しい料理を食るなら、せっかくだから、乗る列車を選んで出かけましょう……!

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(10) ツルの町で「いずみステーキ親子ごはん」(肥薩おれんじ鉄道・九州新幹線)/2015年撮影の画像をチェック! navigate_next

ツルの町で「いずみステーキ親子ごはん」(肥薩おれんじ鉄道・九州新幹線)/2015年撮影


1万羽を超えるツルの飛来地として有名な鹿児島県の出水(いずみ)、ここの名物料理が「いずみステーキ親子ごはん」。

もちろんツル料理ではなくて、地元名産の鶏を使っています。


10月中ごろに「鹿児島県の出水平野に今年も鶴が飛来してきた」とニュースに映っていました。
南国九州にも秋が来たと実感させてくれるニュースです。

そこで思い出したのは「いずみステーキ親子ごはん」でした。

出水市は鹿児島県の北部で、熊本県境近くの町です。

九州新幹線の出水駅が玄関口ですが、新幹線ができる以前は鹿児島本線の駅でした。

在来線は現在肥薩おれんじ鉄道という第3セクター鉄道に引き継がれていいて、
1~2両の小さなディーゼルカー、ローカル線気分で旅のできる車両です。

[昔の鹿児島本線、現在は肥薩おれんじ鉄道として走っている]

[九州新幹線を走る800系、九州のオリジナルスタイルだ]

新幹線の駅名版「出水」で「いずみ」と読む。



九州新幹線にはN700系と800系の2種類の車両が走っています。

せっかく乗るならば、“800系”はいかがでしょうか?

これは九州新幹線のオリジナル車両で、東京ではもちろん、大阪でも見ることはできない珍しいタイプ。車内には木材が使われてゆったりした内装になっています。

外観も芋虫みたいで、ちょっとかわいいスタイルです。
(時刻表を見て、名前が“つばめ”か“さくら”で、6両で運転と書かれているのがこの車両。
ちなみに8両で運転されているのはN700系)




駅前も、田んぼも……、まさに“ツルづくし!”の出水


どちらの鉄道でも博多方面から出水駅に向かい、到着する直前に出水平野が見えてきます。

この田んぼに、運がよければツルの姿を見ることができます。
駅に着けばコンコースにもツルのモニュメント、駅前にもモニュメント……、駅の売店の名前は“飛来里(ひらり)”。

もう、そこらじゅうツルづくし。出水が“ツル押し”なのがよ~くわかります。


出水駅前 にあるマナヅルのモニュメント、かなりリアル。

飛来地で見たツルの群れ。もう、たいへんなことになっています。


ツルの飛来地は出水駅から車で20分ほどの海に近いエリア。

飛来数は例年1〜2万羽、日本一の飛来地です。

ピークとなるのは12月~1月。トリの病気が広がらないように、以前に比べて集中しないようにはしているようですが、もうびっくりするくらいの数で、じっと見ていると目がまわるほどです。

こちらに飛来するツルの種類は、北海道の“タンチョウヅル”より小さ目の“ナベヅル”と“マナヅル”の2種類がほとんど。
それに混ざって“クロヅル”“カナダヅル”“ナベクロヅル”が数羽程度。

飛来地から車で10分ほどのところに、鶴の博物館“クレインパーク”がありますので、こちらで勉強しましょう!

こちらが大きめのマナヅル。

こちらがやや小さめで、最も数の多いナベヅル。

ツルのことがいろいろ学べる、鶴博物館「クレインパーク」。

さて、ひとしきりツルを楽しんで駅に戻って食事です。

出水での食事のオススメは「いずみステーキ親子ごはん」。
歴史は比較的新しくて2011年に登場、現在4件の店が参加しています。

パンフレットを見ると、新しいだけにルールがはっきりと決まっています。

 ・出水産の特別飼育鶏「南国元気鶏」もしくは銘柄鶏「赤鶏さつま」を使用する。
 ・お客さんがミニ鉄板の上で焼くスタイルとする。
 ・モモ肉(70グラム)、ムネ肉(70グラム)、地場産の旬野菜を用意する。
 ・出水産の若鶏が生んだ鶏卵を1個つける。
 ・卵かけごはんのスタイルで食べてもらう。
 ・価格は税込み1300円以下とする。
  ……などなど16項目にも及びます。
 
ルールはしっかり決まっていて、オリジナルのタレやサラダなどそれ以外はお店ごとに自由にできるので、どのお店に行くか選ぶ楽しみもあるんです。



[いずみステーキ親子ごはん]


魚松の「いずみステーキ親子ごはん」に舌鼓!


このときは、オリジナル燻製に惹かれて“魚松”にお邪魔しました。

注文はもちろん「いずみステーキ親子ごはん」。

出てきたメニューは
 ・鶏の燻製
 ・焼き鳥
 ・お吸い物
 ・モモとムネの鉄板焼
 ・卵とごはん
 ・デザート、コーヒー

これで、2015年当時1240円(税込)!
まずは品数と量と値段にびっくりです。

香ばしい燻製に、ほっくりとした焼き鳥。

ここまででビール2杯はいけます!


箸袋の折鶴がうれしい。

地元鶏の鉄板焼。

出てきた卵は、なんと2黄卵!

シメはTKG。

食堂“魚松”、駅から歩いて5分ちょっとのところにある。


メインの鉄板焼は、しっかりとした味の鶏肉の焼きたて。

それだけでも十分なのに3種類のつけタレを用意。
合計140グラムですが、まだまだ行けそうです。

そしてシメは出水産のごはんに出水産のタマゴをかけた“TKG”。

このタマゴ、今では珍しい2黄卵(……の確率が高いようです!)。

そしてタレは、この料理用に作られた“鶏ダシTKGの素”。
コクがあって、おいしいご飯になります。

九州では鶏料理が多くていろいろ楽しめますが、この「いずみステーキ親子ごはん」は、いろいろな鶏の食べ方ができて、実に楽しい料理でした。


次回来るときには、他の3軒から選んで行ってみます。






佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。



 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル