MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[森乃園] ほうじ茶で有名な老舗が冬の甘味もプロデュース(人形町)

[森乃園] ほうじ茶で有名な老舗が冬の甘味もプロデュース(人形町)

[森乃園]のグルメ記事と写真のページ。お茶屋さんが創った茶葉の香り豊かな餡を召し上がれ。ほうじ茶で有名な老舗のお茶屋が冬の甘味もプロデュース。京都・宇治産の高級抹茶や、2度焙煎の最高級ほうじ茶の葉をたっぷりと餡と白玉に練り込み、風味豊かな味に仕上げている。

森乃園(最寄駅:人形町駅)

ほうじ茶で有名な老舗のお茶屋が冬の甘味もプロデュース

椀の中にお茶の香りが立ち、甘さはグッと控えめでほんのり苦味も楽しめる。普通の甘味に飽きた人に食べてほしいのはもちろん、小豆の懐の深さに気付かされる一品だ。

ほうじ茶ぜんざい
980円

各ぜんざいは冷たくするか温かくするか、気分で選べるのもうれしい

抹茶ぜんざい
950円

焼き餅入り栗ぜんざい
1080円

通常の餡メニューも楽しめる。餅、白玉、栗が一緒に入った贅沢な椀

森乃園

東京都中央区日本橋人形町2-4-9 ☎03-3667-2666 [甘味処][営]平日12時〜18時(17時LO)、土・日・祝11時半〜18時(17時LO) [席]4席×3卓、2席×8卓 全席禁煙 予約/可 カード/可 [交]地下鉄日比谷線人形町駅A1出口から徒歩約30秒

電話番号 03-3667-2666
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
紀伊國屋書店新宿本店の通路に店を構え、気軽に立ち寄りやすいこちら。夕方からはサラリーマンを中心ににぎわっている。
有楽町の人気アンテナショップ選りすぐりの国産素材を集結させた、珠玉のソフトクリーム。千葉県の牧場で搾乳・加工されて36時間以内に有楽町の店舗に届けられるソフトクリームは、“都内イチの鮮度”でミルク感が強いのが特徴だ。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
スッキリと甘い“スキアマ”をキャッチフレーズに、昨年秋に台湾から日本上陸。東方美人、鉄観音など本国から随時レシピを受け継ぎ、現在は約20種類のフレーバーから1日2種類を週替わりで提供する。
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt