SNSで最新情報をチェック

獺祭の味に惹かれ、言葉そのものの由来「獺が捕らえた魚を並べる様子が祭りのように見えること」にちなんで店名を付けた。その名の通り、メニューには伊東や小田原など地物の魚を中心とした創作料理と銘酒がズラリ。もちろん酒の看板銘柄は獺祭だ。旬鮮炭火焼 獺祭 (だっさい)[交]JR線ほか藤沢駅南口から徒歩4分

画像ギャラリー

旬鮮炭火焼 獺祭(最寄駅:藤沢駅)

もちろん酒の看板銘柄は獺祭だ。約15種類を揃え、良心的な価格で提供している。店主が一杯目にすすめるのは「磨き二割三分」。まずは雑味のないクリアさを味わってほしいという。

お刺身盛り合わせ

1人前2139円(写真は2人前)

手羽先の唐揚げ

1本195円

「手羽先の唐揚げ」(1本195円)には軽やかなスパークリングで―と、料理との組み合わせを思い思いに楽しむ人が集う。

土鍋炊きご飯(焼さば)

1707円 

意外な出合いは、〆で定番の土鍋炊きご飯と「獺祭45」。しっかりした味付けのご飯の旨みに、思いのほかしっくりと酒が寄り添う。

旬鮮炭火焼 獺祭

電話番号 0466-28-0910

2015年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...