SNSで最新情報をチェック

東京・赤坂の料亭で修業を積み、3年前に地元益子へ戻り、父の後を継いだ店主の寺方祐助さん。祖父が木材屋を営んでいたこともあり、店内には今ではとても貴重な銘木が衝立としても使用されている。益子の器と確かな食の技術を感じさせる料理を堪能したい。和食 杣 (そま)[交]真岡鐡道益子駅より徒歩9分 ※ランチタイム有

画像ギャラリー

和食 杣(最寄駅:益子駅)

食材は、信頼のおける宮崎県の業者から仕入れる魚介や、地場産の野菜や肉など選りすぐりのものを使用し腕を振るう。特に県指定の配合飼料を与えて育てられた貴重な『栃木ゆめポーク』を使用した「ゆめポーク山椒煮」が絶品だ。ピリッとした風味豊かな山椒とほどよい甘みのあるダシで、トロリと口溶けが良く柔らかく仕上げられている。さらに店主特製の手作りの七味と一緒に味わえば、山椒の香りと相まって風味が一層引き立つ。ご飯もすすむ逸品だ。 合わせる酒は地元栃木の日本酒をはじめ、他にも5〜6種類の日本酒が用意されており、益子焼のお猪口でいただくと、地の味の共演が愉しめる。日替わりのおすすめ料理は品数が豊富で、一つひとつの料理に手間ひまかけているのが伝わってくる。 そんな料理を盛る器は、店主自らが選んだ益子焼が中心。個性的でありながらシンプルなものが多く、ぐい呑みなどの酒器は、持ちやすく口当たりが良いものを使用している。銘木の温もりにあふれた落ち着きのある店内で、益子の器と確かな食の技術を感じさせる料理を堪能したい。

南瓜饅頭きの子あん掛け

780円

手前はカボチャを4種のキノコとカツオ風味のあん掛けでいただく「南瓜饅頭きの子あん掛け」。奥は「ゆめポーク山椒煮」

ゆめポーク山椒煮

880円

天狗茄子焼き

480円

和食 杣

電話番号 0285-72-0931

2015年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...