SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

藁ウ鴨ニハ福来ル(最寄駅:吉祥寺駅)

 カツオ節と日高昆布で丁寧にダシをひき、有機白醤油を使ったまろみのあるスープに、藁で炙り、豊かな薫りをまとった国産合鴨ロースとモモ肉をさっとくぐらせると、柔らかな肉から旨みがあふれ出す。たっぷりと添えられた根深ネギと九条ネギは食感の妙だけでなく、スープをまとわせれば、しっとりとした極上の一品へと変貌。肉と一緒に食べれば、口中がたちまち幸せに包まれる。
 ゴボウやネギ、生姜の風味がきいたつくねは、スープに入れておくとダシに深い味わいを与え、美味しさが増す。もちろん火が通り次第、食べても美味。
 〆はラーメンや姉妹店特製のうどんもあり、あまりの美味しさに雑炊も含め、すべて頼む強者もいるとか。

藁焼き鴨しゃぶ

1人前2500円

(写真は2人前)※注文は1人前~
最初はスタッフが食べ方を指南してくれる。薬味は3種を用意。「リピートしてほしい」という思いから、会員価格は1人前1500円になる

藁燻明太子

580円

薫香が素晴らしく、ついお酒がすすむ一品

雑炊

450円

テーブルでスタッフが作ってくれる雑炊は、ネギとふんわりとした玉子で仕上げられる

藁ウ鴨ニハ福来ル

■『藁ウ鴨ニハ福来ル』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 1F・B1F
[TEL]0422-24-9383
[営業時間]17時~24時(23時半LO)
[休日]無休
[座席]カウンター24席(うち12席分はスタンディング)、4名×3卓、6名×1卓、8名×2卓 計58席(個室最大16名まで可)/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、テーブル席のみお通し324円
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩5分

電話番号 0422-24-9383

2016年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…