SNSで最新情報をチェック

焼貝 あこやが取り揃える貝は築地のほか、産地直送で仕入れている常時約20種類。冷凍ものは一切使用せず、新鮮な活き貝にとことんこだわるのが店のウリだ。[アクセス]JR線ほか恵比寿駅西口から徒歩1分

画像ギャラリー

焼貝 あこや(最寄駅:恵比寿駅)

季節によって
天然ものの貝も多く揃えています

 それらを多彩な調理法で供するのだが、これがまたどれも唸るほど旨い。そのものをシンプルに味わう焼き貝があるかと思えば、生海苔や鰹の酒盗を添えてさらに風味を膨らませたもの、刺身は歯応えが良くなるよう繊維を考えて切るなど、個々の特徴を知り尽くした料理人が作る1品1品のクオリティーには目を見張る。ほかにも本来は捨ててしまう肝を使ったすき焼きや、アサリやハマグリのダシで作る玉子焼きや釜飯などオリジナルの貝料理もお見事。店主自ら各地の小さな蔵元を回って仕入れる地酒や国産ワインなど酒の品揃えも秀逸で、作家ものの器や1枚板のカウンターといった上質な食空間も居心地がいい。

おまかせ焼貝盛り合わせ3品

2376円

おまかせ貝盛り合わせ3品

おまかせ焼貝盛り合わせ3品 2376円
おまかせ活貝盛り合わせ3品 2376円
内容は仕入れで変わる。刺身はコリコリの赤貝や平貝など。焼貝は磯の香りがたまらない

釜飯(貝ミックス)

1人前1944円(写真は3人前)

[酒] ビール生594円 焼酎グラス594円、ボトルなし ワイングラス810円、ボトル4320円
~ 日本酒半合486円~
[その他のメニュー] 貝なめろう518円、出汁巻き玉子756円、肝のすき焼918円、あんかけチャーハン1296円、貝出汁リゾット1296円、貝のとろろネギ焼チヂミ風972円など

焼貝 あこや

電話番号 03-6451-2467

2016年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...